--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/01/09

CLANNAD終了。

3週目は涙こそ出なかったものの、一番最後、メニューに戻った時に鳥肌きた。

以下感想。
ネタバレ無しでは書きにくいので気にせずいきます。
別に大したこと書かないけど、未プレイで今後やるつもりがある人は見ない方がいいかもしれません。
かといって、プレイしてようがしてまいが見て面白いものとは限りません。


順番はプレイ順。
○学園編
学園生活、ひいては人生に意味を見いだせない主人公がヒロインと知り合ってうんたらかんたらするパート。
目標は、各キャラから光の玉を集めること。要するに光の玉を持ってるキャラのルートを全部通ればいいわけです。
この光の玉についてはアフターストーリーで明かされることに。

・渚
ヒロインの性格はちょっとおっとりした感じのアホな子。
キャラ的には、最初はアニメとかでよくある狙いすぎ感のあるキャラだと思っていたけど、少し進めてみると全然ムカつかないのがわかる。
古河家と岡崎家の対比から家族愛について描き出し、ああこんな家族だったらいいよなぁ、と思ってしまった。
話としてはすごくまとまりが良い。

・椋
杏ルートのおまけ感が否めない。
シナリオは途中まで杏と一緒、要は杏ルートに流れずにそのまま上手くいくってだけなのでシナリオも淡白。
所詮はサブキャラルートということなんだろうけど、もう少し椋ならではっていうのがあればと思った。
結局それは勝平ルートで解消されることになるのだが、もうちょっと主人公と絡んで欲しいと思った人がいたらその人は残念としか。

・杏
主人公とヒロインにモヤモヤするルート。
椋の気持ちも杏の気持ちも主人公の気持ちも分かるっちゃ分かるんだけど、いやでもお前それは違うやろ!っていう葛藤の場面が多い。
人間関係ってそんな感じだよね。常に自分がどうしたしかで動ければいいんだけど、そうもいかないジレンマ。
椋なんか、途中で主人公や杏の気持ちに気付きつつも、そうさせにくくしてるっていうのが見え見えというか…。すげー嫌なやつなんだけど気持ちは分かるっていうかなんていうか。
まぁ最終的には春原が言いたいことを言ってくれてすっきりします。
しかし、最初に軽い気持ちで付き合っちゃったのが一番いけなかったんじゃ…ってこんなことをシナリオに対して言っても仕方ないけどね。

・ことみ
呼ぶときはことみちゃん。
バスの事故のシーン、大切な人を失うということに対するインパクトっていうかそういうものを感じた。
少し考えれば納得いかないこともないんだけど、なんで庭掃除なの?って最初思った。別にどうでもいいけど。
庭掃除を完了して、ことみちゃんを本当の意味でお外に連れ出してはいおしまい、と思わせて最後のシーンに持っていく展開が神。まぁアニメで泣かされたから知ってたけどそれでもグッと来るものがあった。

・有紀寧
サブキャラらしくシナリオ的にそこまで来るものはないんだけど、諒ルートよりはさすがにまとまってるかな。
兄貴についてもう少し語ってくれても良かったんじゃないかなぁと思いました。

・美佐枝
みさえさんぱいおつかいでー。
美佐枝さん学生時代もバイオレンスですやん…。
願いをかなえるとか言って、結局光の弾のほとんどは猫が使いきっちゃってるっていう。
本当の意味での終わりは智代ルートになるわけだけど、これだと美佐枝さんは次に進めるかどうかわかんないよね。
美佐枝さんとしては心のどっかで志麻を待ち続けてるわけで、それであの猫が志麻だってわかっちゃったらその後美佐枝さんはどうするのだろう。縛られてしまわないだろうか。

・春原
妹に萌えるルートだと思ってたのに、いつの間にか友情に燃えるルートになってた。
何を言ってるかわからねーと思うが(ry
序盤は、浮かれて周りが見えてない春原にイライラ。
芽衣ちゃんがいじめられて泣くシーン。なんだか途中からわけわかんなくなってくるけど、泣いてるとそういうわけわかんないこと言っちゃうよね。あるある。
そして登場する春原兄。イロモノキャラだったのにとてもかっこよく見える。
登場するタイミングは遅すぎるくらいで、当然納得いかない朋也と殴り合いに。
でもそこで明かされる春原の思い。お前だからいいと思ったんだよ!のセリフに友情の深さを感じるのであった。
こういう、言いたいこと言い合える友達っていいよね。

・勝平
春原がホモになるシナリオ。
椋と勝平が急接近した理由がよくわからんが、杏もよくわからんと言ってたし分かる必要もないところなのだろう。
誰かに必要とされることが生きる支えになる、という本作のテーマ的なあれが描き出されてるシナリオの一つだと思いました。

・幸村
位置づけ的には渚ルートのはずれみたいなもんですが。
自分は、幸村のように、この人のおかげで学校生活が~っていう、特につながりの深い恩師っていうのはいなかったのでじわりときた。

・風子
実はGoodでもTrueでもそれほど筋は変わらない。朋也と風子の関係性が変わるくらい。
でも、風子はもともと友達が欲しかったわけで、そう考えるとgoodの方がしっくりくるなぁ…というのはアニメの影響なのかなやっぱ。
風子の思いが届いたシーンは、学園編の中では個人的に一、二を争う泣けるシーンでした。

・智代
お前のおっぱい貸してくれー!
序盤はとにかく春原との絡みが面白い。64hit時の幸村には吹いた。
朋也が智代の足を引っ張って最終的に別れてしまうわけですが、そのとき別れるようにプレッシャーをかけてくる連中がムカつくのなんの。
アニメでは別れてからの朋也は更生し始めてたけど、ゲームではダメ学生のまんまだったので、ここはアニメのが感動する要素があったかもしれない。

○AFTER STORY
アフターストーリーやる前に、うっかりアニメのOPのfullを聞いてしまっていたので、いったいいつ渚が死ぬのかビクビクしながらプレイしてました。
死ぬの分かっててもクソ泣いたので、知らなかったらもっとやばかったと思います。

・早苗
アフターストーリーの中でおこった、ちょっといい話、程度のものだと思いました。
古河塾についての話なわけですが、早苗が先生やりたい理由とかに触れるわけでもなく、特別掘り下げるつもりもなかったのかなぁと。

・秋夫
2週目で回収することになりましたが、これもあくまでサブシナリオな位置づけだなぁと。
最初は劇団の話だったので、秋夫の若いころの話でも出てくるのかと思ったけど、何の脈絡もなくバスジャック起こって、え?って感じでした。
結局、秋夫がどういう人間だったのかと、夫婦の絆的なものが描きたかっただけで、早苗ルートと同じく特別掘り下げるつもりもなかったのかなぁと。

・芳野
芳野の若いころの話。
非常に絶望感の漂う話で、気分的にはかなり突き落とされます。
そこで、帰ってきて公子に会った時の、変わらず迎えてくれた待ちに対しての安心感。

・同棲編
朋也と渚の、主に幸せな時間が描かれます。
プレイ中はほとんどずっとニヤニヤしっぱなしです。
その幸せの中、親父の犯罪行為によってどん底に叩き落とされる朋也。渚のおかげでなんとか落着きを取り戻すと同時に、渚を必要とする自分を再確認してプロポーズ。
そしてホームラン打ってスライディング土下座。ほんと泣かせてくれます。
そこからは妊娠するまでひたすらニヤニヤタイムが続きます。
学生時代から渚は人並みの幸せを掴めなかったわけで、それ考えるとニヤニヤしながらもじわじわと来てしまうわけですはい。
ここで感情移入させて幸せにさせといて、誕生編でどーんと落としてくれるわけです。

・誕生編
一気に鬱展開に落とされます。
ささやかな幸せを掴んだのに、それを奪われていく感覚。どうして渚だけそんな目にあわないといけないのか、人並みの幸せも与えられないのか、という理不尽さを感じる章。
でも死ぬときはかなりあっさり逝っちゃうという。

・汐
渚を失って5年間も娘をほったらかしにするダメ朋也。
汐も構ってほしいんだろうけど、このくそ親父は気付いてないのか気付かないふりをしているのか(個人的には後者だと思ってる)、冷たい態度で接しやがるのでイライラします。
しかし旅行先で直幸の母と会う。ここでようやく直幸と朋也についての話が明かされます。
ああ直幸ってダメなやつだけどがんばってたんだなぁ、とは確かに思うんだけど、結局大ゲンカしてから他人の振りをしてた理由ってなんなの?っていうところがいまいち語られてないような気が…?
帰りの電車で、ようやく渚の死が実感されて、受け入れられて、やられたと思いました。
ともあれ、その話を聞いてようやく父としての自覚を持った朋也。汐と正面から向かい合えるようになって、杏や風子と再会してめでたしめでたし…と思いきやこれだよ!
上げたり落としたりされるのでこのあたりはほんと嗚咽どころか指先がしびれるくらい泣いてました。寝不足でわけわかんなくなってた部分もあるかもしれんけど。

ここで、ようやく幻想風景と本編の関連性が明らかに。ああ、やっぱり朋也はロボだったんだなぁ、と思いつつ、じゃあなぜ渚はその話を聞いたことがあるんだろう?という疑問がちょっぴり残ります(結局今でもよく分かりません)。

で、光の玉を回収して3週目で奇跡エンド。
奇跡が起こった時の描写が、なんかあっけないというかもうちょっと何かあってもいい気がした。
良くわかんないムービーが流れて、気がついたら渚が生きてましたみたいな。
町の外に光があふれてるのに後で気づくくらいだったら、渚の周りに光が集まって息を吹き返した的な感じでもっと大げさに書いても良かったんじゃ、みたいな。

一番最後、願いがかなう場所の所在が分かって終了。
女の子は何で木の下で寝てたんでしょうね。よくわからないんだけどなぜか鳥肌立ちました。

コメント

非公開コメント

やるかもしれないから読んでないけど
長すぎですwwwwwwwww

keyのゲームって最後までやり遂げるのが一番難しいよね
kanonなんか開始5分で投げたよ俺

>にーとくん
文章を短くまとめるの苦手や
一応1ルート7~8時間かかるのを5行とかで済ましてるんだけどね!ルート多すぎ

>佐藤さん
僕は佐藤さんと違って辛抱強いので5分で投げたりしません
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。