--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/02/05

録画するときのサウンドデバイスの設定方法。

相変わらず備忘録。


ちなみに言っておくと、といっても特に断る必要も感じないけど、一応ブログとかいろいろリンクフリーなので、どっかにペタペタ貼ってもらっても誰かに紹介してもらっても別に気にしないです。というかリンクフリーっていうのは当たり前なんだけど。
その代わり、嘘書いててそのせいで損害を被っても僕は一切責任取りません。



サウンドルーティングソフト使えば解決するじゃん、で終了。

○必要なもの
どんなのでもいいのでサウンドカード(以下SC)を一枚余計に買っておく。2000円のUSBサウンドカードでもok。

○原理
VCの入力とゲーム(録画ソフト)の入力を分けることによって、VCにゲーム音を入れないようにする。
自分の環境だと、普段はUSBSCの方でゲームをしているので、オンボでマイクを入力し、ゲームの入出力とVCの出力をUSBの方に回します。
もしオンボともう片方のサウンドカード間の距離が長いと、ヘッドセットの場合はマイクのケーブルが届かないと思うので、そういうときは延長するか別のマイクを使うかします。
以下、マイク音を入力する方をmicSC、もう片方のSCをanotherSCと表記します。

○動画にVCを入れる方法
こっちの方法は設定や配線がかなり簡単です。
1.Windowsのサウンドコントロールの録音・出力共にanotherSCを選択
2.VCの入力のみmicSCを選択
3.録画ソフト(Fraps)の録音はStereoMixにしておく
つまりは、Windowsのサウンドコントロールの方では録音、再生共にanotherSCにしておいて、VCの方だけ入力をmicSCにしておくだけ。
これでVCにゲーム音は入らなくなります。

図にするとこういうこと。

fraps1.gif


FrapsはStereoMixで録音しているので、出来た動画にはゲーム音と味方のVC音が録音されています。
SCの性能が違う場合は、どちらのSCをmicSCにするかは、VCとゲームのどちらの音を重視するかによります。
こちらの声にできるだけノイズを入れたくない場合(相手に聞かせる自分の声を重視する場合)は、micSCの方をより良いSCにしてVCの入力にはこちらを選択、Windowsのサウンドコントロールでは録音・出力共にもう片方のSCを選択します。
自分がゲーム中に聞こえる音を重視する場合は、音質の悪いSCにマイクをつないでVCの録音に選択、音質の良い方をWindowsの方に関連付けます。

自分の声も動画に入れたいときは、VCの方でループバック設定でもすればいいでしょう。
あるいはSCの方でマイク音声を再生するように設定。ただしSCの性能によっては余計なノイズも拾うのでうるさい。


○動画にゲーム以外の音を入れない方法
以前紹介した某スレの記事を参考に設定しました。結構ややこしいです。

1.Windowsのサウンドコントロールで、録音をmicSC、再生をanotherSCに設定する
2.Frapsを起動し、録音をanotherSCのLine Inに設定
3.Windowsのサウンドコントロールの再生側をmicSCに戻す
4.録画開始すると稀にmicSCの録音プロパティがフックされるので戻す(←ここがよくわからん)

1.の操作で、Frapsの録音にanotherSCが設定できるようになる(2.の操作)。
その後に3.の操作をすれば、Frapsの設定はそのままにゲーム音をmicSCに出力できる。
4.はまだ試してないので、録音プロパティがフックってのの意味が良く分かりません。

図にするとこういうこと。
fraps2.gif

micSCでマイクの再生をミュートにしておけば、micSCで鳴るのはゲーム音だけなので、それをanotherSCの録音側に繋ぎ、anotherSCの録音部分だけをFrapsで拾います。
VCの再生音はanotherSCの方に入るので、Frapsの録音をStereoMixに入れない限りはVC音は入りません。

サウンドカードの選択は仮説だけど、micSCに音質のいいSCを選択した方がいい?
例えばゲームの位置オーディオっつーか音の定位?を計算するのはmicSCの方だから、micSCの方で音の定位が狂うのはまずい。
それをステレオで出力するのだから実際にヘッドホンで聞こえる音の定位も狂わないはず?


※実際にやってみたあと
USBサウンドカードを刺してると、Windowsのサウンドデバイス選択でオンボの方を選択してるにも関わらず、音声がUSB側に出力されてしまっている件について。
今調整中だけどなんか改善策ないものか。

Frapsを起動してからUSBサウンドカードを刺し、USBSCをmicSCにして設定すると解決。
出来た動画の音質がやたらおかしいと思ったら、どうもゲーム起動したときにSCのWAVW出力音量が変わるこのUSBSC特有の?バグのせいで音割れしてた模様。
(自分の環境だとこの不具合が良く起こるというだけで他の人にはあまり関係ないと思う。)


以下完全に俺用備忘録
-------------------------
VCなし録画手順
1.USBサウンドカード抜く
2.Fraps起動
Frapsの設定
feapsconfig.gif

3.RealtekAudioの設定
再生
rtaudio_out.gif

録音
rtaudio_in.gif

4.USBサウンドカード刺す
USBサウンドカードの設定
usbaudio.gif


5.ニコニコや音楽などで音声が正しく入出力されるか確認(オンボ側の入力端子を引っこ抜いたりして確認)
6.ゲーム起動後のUSBサウンドカードのWAVE音量確認

後はVCしながら録画して、VCの音量や録画、ゲームプレイの音量、音の定位が適切なら完璧?
音の定位がなんとなく甘い気がするが上の設定で大体問題なし。少しVCの入力が小さいかも?らしい。

ただしオンボにヘッドホン刺した時のノイズがひどいのでそれを出来ればなんとかしたい。
USBサウンドカードでいけるならそれで済ませたいが、ちゃんとしたのを買わないとダメなんだろうか…?

コメント

非公開コメント

録画の方法を検索してたらこのブログをみつけたのですが、どうやってもVCで自分の声が録音されません。

ボリュームコントロールで、マイクのミュートを解除したのですが、自分の声が入ってません。
再生はSC、マイクはオンボで入力してます。



ループバック設定というのはどうやるのでしょうか?
いろいろググったりしたのですがわかりませんでした。

よければ暇なときにでも、コメントください。

よく考えもしないで適当にレスしちゃうので嘘言ってるかも。先に謝っておきます。すいません。

ループバック設定っていうのはVCのループバックのことかな?
mumbleだと自分の声を自分に返す機能(ループバック)があるので、それをonにすればokです。VCにちゃんと自分の声が入ってるかを試す機能ですが、PC上で鳴ってる以上は録音はできます。「上級者向け設定」にチェックを入れてれば出力設定の項目にあります。
ventやskypeの場合はどこにあるのか分かりませんってかそういう機能があるのかどうかも知りません。多分ないと思います。


勝手な推測ですけど、マイクの再生のミュートを外すのが逆のサウンドカードだったりするかも?
マイクをオンボで入力して、それをSCに流しているのならオンボ側のミュートを外せば行けるはずだと思うんですが…。
一度、オンボの方だけで音鳴らして、自分の声が再生されるかどうか試してみては。

あと環境が違うので結局やり方が全然変わっちゃうとかそもそもできないこともあるかもしれません。ぶっちゃけわかりません。
例えば最近うちに導入したSoundBlasterはオンボのサウンド機能を切らないとだめだし、そもそもUSBサウンドカードじゃないと使えないのかもしれないしそうでないかもしれない。

どっちかっていうと個人のメモに近い感覚なんであれですけど、分かる範囲でなら答えますのでまた何かあったら聞いてくださいね。

補足
マイクのミュートはオンボの再生側の方を解除してくださいってことです。
うちの環境(といっても今は違うけど)だと、この場合は再生側コントロールのFrontPinkInになります。ここにマイクさしてたので、ここのミュートを外せば音が鳴ったと記憶してます。
録音側のマイクミュートはまた別の話なので、こっちのミュートだけ外しても動画の方には録音されないと思います。ご注意を。

こんだけ言って全然原因違ったりもう試されてたりしてたら恐縮です。

返事ありがとうございます^^

解決できそうです。
本当にありがとうございました。

すみません、自分が持ってるサウンドカードがSound Blaster Audigy Valueってやつなんですが、同じですかね><?
オンボのサウンド機能を切るとは?
何回もすみません・・・。

自分のSoundBlaster X-Fi Titanium のFatal1tyモデルの場合、そのまま刺して使うと起動時にオンボのサウンドが優先されていました。
Windowsのサウンドデバイスの設定を毎回やるのも面倒なので、BIOSの方でオンボのサウンド機能を無効にしました。
なのでそのままでも使えなくはないですが、環境が違うので何とも言えません。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。