--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/16

目がやばい。

今ニート君とPrazuさんが大阪に来てて、明日はそれでオフ会があるということらしい。
らしい、ってか俺も行くんだけど。
面子は二人とくらげさんと赤城さん。佐藤さんも誘ったけど金が2kくらいしかないとかぬかしやがる。
予定では夜から飯食って徹カラ?するとのこと。家には帰れないっぽい。
次の日は昼から就活があるので、とりあえず明日はギリギリまで寝て、就活まで起きてようと思います。
前回の懇談会が超眠くて目ぱちくりしてたから今回はそうならないように努めたいけど…大丈夫かな。ちょっと不安だ。

・視力について
今日はあんまりゲームしてない状態でSA始めたのに、なぜか疲れ目で全く画面が見えなかったっていうね。眠いって意識はないのに目だけが眠たいみたいな感じだった。
負けっぱなしで終わるのも悔しいので、ようやく3戦目でまともなスコア出して即落ちてしまった。

今回の件に関係あるかどうかはわからないけど、どうやら各種ビタミンが足りてないと疲れ目になりやすいみたいね。
角膜が乾くのはビタミンAで毛様筋の成分のタンパク質の吸収のためにはビタミンB6がいるとか(それを言ったら全ての筋肉にタンパク質は必要なわけだが)、そんな感じで結局いろんなビタミンが必要なそうな。
ということで、いつ買ったか分からない野菜ジュースを開けて飲んでみた。まぁ賞味期限は4月だし大丈夫だろう。

そういえば、よくFlash>>Shootみたいなアプリありますけど、あれはaimには直結しないと思うけど動体視力って点で見れば意味はあると思う。
その前に視力ってのがそもそも種類があって、単純に視力検査で測る視力と、他には動体視力とか、Hetalityブログにあった周辺視なんてのもそう。
目で見た情報に合わせて体を動かすっていう目と体の連動性、なんてのもある意味視力として分類されることもあります。
その中にピントを合わせる能力ってのもあります。
そういえば昔野球部にいたころにそれのトレーニングやってたなぁと、今ふと思いだしたのでちょっと紹介してみます。

方法
?腕を片方伸ばして親指を立てる
?親指の先に焦点を合わせる
?親指の延長線上にある遠くのものに焦点を合わせる
以下?~?の繰り返しx10
ポイントは、きっちりピントを合わせきることと、できるだけ早くピントを合わせること。
単純な能力向上だけじゃなくて、目を慣らすウォームアップという意味でもオススメです。

この能力、たとえば野球なんかだと、ピッチャーがすごい速球を投げてきたときに、最初から最後までピントを合わせられるかどうかとか。まぁ俺は動体視力うんこだったから、打席に立ってもボールなんかほとんど見えてなかったけど(一応、途中まで軌道が見えてれば、予測地点にバット置いてればそれなりに当たるので)。
FPSの場合、近くの敵を倒して遠くの敵をaimするときなんかにたまに焦点がぼやけるときがあるので、そういうのにもしかしたら効くかもしれません。
同じ平面上とはいえ真ん中と端では微妙に距離があるので全く意味がないことはないかと。

なんか他にも目を鍛えるトレーニングなんてのが、筋トレ本に載ってたんだけど、高校の部室に置きっぱなしにしてるからわかんないや。
当時はインナーマッスル鍛えるのとかやたらはまってたけどアウターマッスルは全然鍛えてないから結局ひ弱なままだったっていうね。
重量的には腹の肉があるので重たいっちゃ重たいんだけど。

ちなみにHetalityブログにあった周辺視野のトレーニングのFlashは、似たような方法が載ってたっちゃ載ってたけど、でかい透明な板とパートナーが必要なので全然実用的じゃなかった。PC使って判定してもらうってのは目から鱗でした。

FPSって筋肉は全く使わないけど、反応とか視力に関してはほんとにスポーツ並みに使うよね。そういう意味ではeSportって言われるのもなんか分かる気がする。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。