--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/03/21

ニコニコ(zoome)に動画をアップする手順。

初心者向けの解説がニコニコやwiki等で多数紹介されているので、基本的にはググるなどしてそちらを参照することをオススメしますが、質問されたので自分の方法を紹介します。
今までも似たようなことは紹介したけどエンコードとか良くわかんねぇよ!って人の参考になれば幸いです。
あと俺もあんまりってか全然詳しくないので、こうした方がいいってのがあれば是非教えてください。特にフィルター関連知りたいです。

かなり長くなるので、検索用に目次書いときます。Ctrl+Fで検索してください。
それでも各項目が長くなってるからめんどいことに変わりはないけどね。
○ゲームの撮影
○音ズレの修正やfpsの調整
・使用ソフト
・動画を結合するとき
・無圧縮でエンコードする
・fpsを減らす
・音ズレ修正
○ニコニコ(zoome)用エンコード
・再エンコードについて
・mp4(h264)の特徴とflvの違いとか
・使用ソフト
・設定のヒント
○アップロード

○ゲームの撮影
自分はPCゲームはFrapsの製品版で録画しています。
解像度はSAプレイ時で1280*1024、録画時はハーフサイズで録画しています。
fpsは83で設定してます。
家庭用ゲームはキャプボで普通に録画しています。キャプボ自体は3~4年くらい前のものだと思うので、新しいキャプボなら自分のAC動画よりはきれいに撮れるかもしれない。

Frapsで撮る場合、ゲームと録画fpsが同期してしまう仕様なので、スペックが足りる限りはゲームの最大fpsに合わせて撮った方が無難です。
録画中にカクつく場合は、単純なスペック不足か、HDDの書き込み速度が関係していると思われます。
特にHDDの書き込み速度は、書き込む位置の関係から、HDDの残り容量が少なくなると極端に落ちるようです。動画を撮るときは容量に余裕を持ったほうがいいでしょう。


○音ズレの修正やfpsの調整
Frapsで撮った動画をそのまま再生するとプレイヤーやPCスペックによってはカクつくので、FPSを落とす必要があります。
画像自体は無圧縮でもfps(すなわち画像の枚数)を減らすので結果的にサイズも小さくなります。
fpsを落として再生して、カクつかないけど音がズレている場合は、これも修正する必要があります。

・使用ソフト
自分はこの作業にVurtualdubを使っています。CWなどで録画時間が長く、複数ファイルに分かれてしまった場合はここでついでに結合してます。
手順としては、
Vurtualdubで結合させたい動画を複数読み込む→ソースレートとフレームレートの調整→できた動画をチェックして音ズレ確認→音ズレしてたらソースレートをいじる
です。意味わかんなかったら下の作業だけ覚えればok。

・動画を結合するとき
まず動画を結合させたいときは、
Virtualdubに先頭に来る動画をドラッグアンドドロップ(あるいは普通に動画ファイルを「開く」)

「ファイル」から「AVIセグメントの追加」で、2番目に来る動画を開く

3番目、4番目と同じようにする

・無圧縮でエンコードする
vurtualdubでエンコードするときは画質は落としたくないので無圧縮でエンコードします。なので、
映像タブ→直接コピーにチェック
音声タブ→直接コピーにチェック
以上の作業をやっておきましょう。
逆に、無圧縮エンコードではなく、この時点で先に圧縮してしまう場合は、映像の方は完全圧縮を設定して圧縮設定をいじっていろいろしましょう。ただフラグムービーとかは極力きれいな動画を使って作りたいところなので、そういうときは保存用として無圧縮動画を用意しておきたいところではあります。

・fpsを減らす
動画の枚数を減らす(fpsを落とす)ときは、
映像タブ→フレームレート→「フレームレート変換」の「数値(fps)で指定する」にチェックを入れる→好きな数値を入力
としましょう。入力した数値のfpsで動画が出来あがります。
アクションゲームの場合fps30は個人的に欲しいところです。自分は40fpsで出力しています。

・音ズレ修正
動画が音ズレしている場合、ソースレートを調整すると改善する場合があります。詳しい解説とか仮説はこちら
修正の仕方は、
「映像タブ→フレームレート」のソースレート調整の部分で、
1.まずは、「映像と音声の再生時間が一致するように変更する」にチェックしてエンコードしてみる
2.できた動画がまだ音ズレしている場合は、「変更する」にチェックを入れて自分で数値を入力してぴったり合うソースレートを探す
自分で入力する場合、もし音が遅れている場合は、映像が速いということなのでソースレートを落とし、音が速い場合は映像が遅れているということなのでソースレートを上げてください。
数値の調整は完全に勘です。まずは1~0.5刻みで調整して、大体のアタリをつけるといいです。
自分の経験上、ソースレートは77.2~3あたりで調整すると上手くいくことが多いですが、音ズレするかどうか自体がそもそも環境等によって違うのでなんとも。

以上4点を調整してとりあえずエンコードします。
出来た動画を再生してチェックし、音ズレしていればソースレートを調整します。


○ニコニコ(zoome)用にエンコード
ニコニコやzoomeにアップロードするためにエンコードします。
基本的にはニコニコwikizoome wikiを見れば設定はわかります。自分はニコニコwikiの設定そのままでエンコードしてるのでそちらを見てわかるならその方が話は早いです。
wiki見てもどうすればいいか分からない人向けにヒントは書きます。全部はめんどいので書きません。

・再エンコードについて
ニコニコやzoomeは、指定された規格でエンコードした動画以外は、動画サイト側で勝手にもう一度エンコードされてしまいます。なので、べらぼうにビットレートが高い動画などはアップロードできません。
再エンコードされないギリギリの画質でアップロードするのが高画質化への第一歩です(僕は一歩目しかできませんが)。

ニコニコの再エンコードされない仕様は、
ファイル形式がflvかh264
映像と音声のビットレート合計が656kbps(一般会員の場合。プレミアム会員は1049kbps)
解像度が800*600以内?(ちなみに普段表示されてる大きさは512*384)
ファイルサイズが40MB以下(一般会員の場合。プレミアム会員は100MB)
その他細かい仕様や、zoomeの仕様は各wikiを参照してください。

とにかく、指定された条件であれば再エンコードされないので、ギリギリのラインでエンコードしましょう。
ただし、ビットレートに関しては設定より大きくなることがあるので、少なめに設定しておいた方がめんどくさくなくていいです。ギリギリを目指すなら何度も試行錯誤です。

・mp4(h264)の特徴とflvの違いとか
mp4は、圧縮効率がよく、高いビットレートでもファイルサイズを小さく抑えられるというメリットがあります。
flvと比較した場合、同じビットレートだと半分以上ファイルサイズが小さくなります。
一方flvと比べて動きには弱いようですがぶっちゃけ良く分かりません。
flvだとファイルサイズがすぐオーバーしてしまうので、ニコニコでも基本的にはmp4推奨。

・使用ソフト
aviutlを使用しています。
他にも携帯動画変換君やmediacoderを使うなど、簡単な方法はいくらでもありますが、自分がaviutlなのでここから先はaviutlの解説になります。

・設定のヒント
自分は基本的にニコニコwikiの設定そのままでやってるので、書いてある通りに設定すればできます。
ニコwiki読んでも良く分からない人は以下のヒントを参考にしてください。
ちなみに、zoomeに上げるときはビットレートだけ1500kbpsになるように弄ってます。
1.「AviUtlを使ったMP4 (H.264) エンコード」の、仕様の部分をよく読んでおく
2.「1.準備」と「4.バッチ登録」の部分をよく読んで設定

大事なのは2.の方です。
準備の項目を読んでaviutlが一通り使えるようになったら、とりあえず表に書いてある部分をきっちり設定すれば、あとはビットレートいじるだけでそれなりの画質になると思います。
あと、Frapsで録画したファイルは以前までaviutlでは開けませんでしたが、最新版では開けるようになっているようです。
基本的には2passでエンコードします。3passは設定が適当だと2passより画質良くない時があるっぽい。


○アップロード
ここまで出来たら実際にアップロードします。
会員登録~アップロードの流れは省略。
アップロードが終わったら実際にチェックして再エンコされてないか確認。
再エンコされてたらビットレート等の設定を見直しましょう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。