--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/07/02

mamba購入。

kiritoと日本橋へ行ってきた。
目当てのmambaは結構在庫あったけど、ノリで買おうとしたロロナのアトリエが売り切れてて吹いた。
さすが日本一可愛い14歳は格が違った。
ロロナのアトリエはamazonでも在庫ないみたいだったけど、とりあえずポチっといたので5日に発送されますwww

でmambaのファーストインプレッション。


・形状、ボタン
DAと似たような形だけど本体側面の底面近くからくぼみができてる。
ここに指を置く人はDAよりフィットするかもしれないが、俺的にはくぼみとそうでないところの境目の部分にもっこり感を感じて、DAの方がガワは好きだなと感じた。
メインボタンのクリック感はすごく軽い。DAよりも軽い。これはすごい。
右クリックはメインよりほんの少し硬い気がするがそれでもDAより軽い同じくらい。
サイドボタンはDAと比べて、なんというんだろ、キレがある印象?クリックの瞬間の押下圧はDAと同じかそれより少し軽いくらいだけど、クリックした後のストロークがやわらかい感じ。DAより感触は良くなったと思う。
メインボタン左の切り替えスイッチは、普通の持ち方であればクリックの邪魔にはならない位置。こちらのクリック感はむしろDAのサイドに似ているような。でもサイズが小さい分重くはない。
ホイールはDAよりもノッチがしっかりしてて、クリック感は大差ない。改善されていると思う。

・ドライバ、ファーム
ドライバと設定画面は概ね使いやすくて不満も特にない。
ファームに関しては詳しいことは後述するがまだ完成されてない印象。あとインストールが結構めんどくさい。

・有線/無線モードに関して
無線モードについては素晴らしいの一言。
電池の分だけ重くはなるが、持ち上げる時以外に違和感を感じることはあまりない。
横の動きはコードのテンションを感じないせいか重さをそれほど感じないというのが個人的な見解。
ゲームプレイへの影響は全くなく、有線でやってるのと区別がつかないほどの反応の良さ。
有線でも使用でき、この場合電池を外すことができるので電池が重く感じて、無線に魅力を感じないならば有線でプレイすればいい。
ただ、USBケーブルがDAのやわらかいゴム巻きケーブルではなく、MX518のような固めの布巻きケーブルになっているので、その点では若干ストレスを感じるかもしれない。ていうかなんでこのケーブルにしたんだ…。
でも端子の形状はただのUSBケーブルなので、もしかしたら全く別のUSBケーブルで代用できるのかも。といってもマウスのコードに使えそうなUSBケーブルが単体で売ってるとも思えないが…。

・マウスパッドとの相性や不具合
前述のファームの話にも関連するのだけれど、どうやらマウスパッドとの相性がかなりある模様。
というかマウスパッドが手元にGoliathus Controlしかないので相性のせいなのかもわからないのだが、かなり気になる点がある。
簡潔に言うと、センサーが敏感すぎるのか、クリックしたときにポインタがぶれてしまっている点。
あとサドンアタックをプレイ中にも若干aimに違和感を感じたり、ブレてるような気がする。これは何日かブランクもあるのでちょっとわからないが。
ゲームプレイの感覚がおかしいというだけではちょっとどうかと思い、客観的なデータを取りたかったのでかの有名なShoot FlashでDAと点数を比較してみた。すると、

   DA    mamba(無線)
   94     82
   92     85
   97     90
   93     90
   90     87
ave. 93.2   86.8

というmambaの方が露骨に低い結果に。
実際やってる間もmambaの方がカーソルのブレの影響で合わせるのがかなりやりにくく感じた。
もともとこのFlash自体、特別上手いわけじゃないのだが、DAだと一度も出さなかったミスショットがmambaだと2回出たのも注目したいところ。
単にmambaの方を試すころには疲れてただけかもしれない、というツッコミに反論するために、この直後に休憩なしでDAでやってみたが96とそれなりにハイスコアが出た。ちなみに自分の最高記録はDA+GoliathusControlで102。今日もちょっとやってたら100までは出たがmambaでは90超えることも少ない。
DAの方は直線補正が入ってる、というツッコミに対しては反論できない。ただ感覚的にはaimを合わせる過程にも違和感はあるけど、最終的にaimを止める部分と、クリックした後の挙動のブレが違和感を生じさせてる気がするので、直線補正の影響は大きくはないんじゃないだろうか、というのが私見。
このあたりのカーソルのブレがファームで早めに解決されればいいのだけれど最後まで相性問題が残るようであればマウスパッドを替えるしかないかも。
とりあえず明日SSさんにあげたGoliathus Speedを借りて試してみる予定。これでだめなら布系は結構望み薄なのでどうしようか…。

ちなみに有線では調べてないけどゲームプレイの感じではそこまで変わらなかったような。
スレなどではRazer Sphexだと相性最高で問題が出ていないらしいが、日本ではまだ輸入販売されていない。あとこれもプラパッドなので、個人的にはできれば布でも対応してほしいものだが。

・逆に反応速度はすごい
ついでにルシフェヴ大先生曰く「正確に測れる」反射神経Flashで反応速度を調べてみた。すると…

DA
一回目 二回目 三回目  ave
0.234  0.182  0.175  0.197
0.191  0.2    0.207  0.199
0.2    0.24   0.203  0.217
0.212  0.199  0.202  0.204

mamba(無線)
一回目 二回目 三回目 ave
0.199  0.185  0.202  0.195
0.202  0.186  0.184  0.19
0.191  0.154  0.239  0.194
0.196  0.196  0.187  0.193

と、なんと無線のはずのmambaの方が安定して早いという結果に。
ちなみにこのときpolling rateはすっでんやった後なので、mamba側が125Hz、DA側がドライバレスなんで500Hz。
それでmambaの方が早いってことだからすごい。
多分原因はクリック感の軽さにあると思う。確かに押下圧を低くして実質の反応速度を上げるというのはゲーミングキーボードには良くある話だ。好みはあるだろうけどこれも一つの性能として捉えることもできなくはないかもしれない。

・総評
マウスパッドとの相性のせいなのか分からないがとにかくカーソルのブレ、不正確さが一番のマイナスポイント。ファームのアップデートで修正されることを願うばかり。
それ以外の部分はかなり完成度が高い。ボタンの感触も素晴らしいし、形状は好みは分かれるだろうがDAと同じくらい万人受けはしそうだ。もちろん気に入らない人もいるかもしれないが。
何より無線かと疑うほどのキレの良さ。有線と無線で差が出ることは全くと言っていいほどなく、電池の重さを除けば無線に対して不満な点はどこにもないと言っていいほど。

もうとにかくファームさえ来れば完璧なんだけど、それがないためにパッドとの相性次第では全く使えないマウスになってる感があるのが残念すぎ。
とりあえずDPIを落とせばブレも緩和できるかもしれないので800DPIで現在センシ調整中。まぁCSもDPI下げないと感度高くなりすぎてたしちょうどいい機会ではあるけど。
それにしてもやっぱり違和感はある。とにかく違うパッドで試してみないことにはね…。

布派で購入を考えてる人はとりあえず様子見を推奨。プラならwikiやスレ等で相性確認した上で慎重に購入検討するのが良さそう。
今買うべきか?という問いに対しては様子見安定としか言いようがない。最も、Razer製品はみんなそんな感じらしいが。
半年くらい長い目で見て神マウスになることを祈ってます。


どうでもいいけど、パッケージ開けた時に目に飛び込んできた
「Welcome to the cult of razer」
の文字に吹いた。確かにゲームのためにこんな高いマウスを買い求めるのって一種のカルトだよね。
しかし分かっていても買ってしまうのがデバイス厨の性なのであった…!

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。