--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/08/17

大文字。

見てきたよ。
妙、法、大の3文字見てきました。
特に感動とかはなかったw

その後は下鴨ヒーロータウンって有名らしいゲーセンで3時間くらいいろんなゲームをフリープレイしてきた。
15分で100円ってシステムなので、人がいない時に連コするにはすごい良環境。メルブラとギタフリを連コしまくってきた。

その後カラオケしてみねの家で寝て帰ってきた。疲れた。

○AC3P
最近スレを見てるとよくパーツ選択肢の数について話が出るけど、僕から言わせればそんなのはどうでもいいっすね。
強ショットガンの他に選択肢として弱ショットガンが同じくらい強かったとして、骨で組んだ機体に乗せてみてなんか立ち回りが変わるかってことなんですよ。
まぁ実際には弱ショの方が弾が多いから、使うとしたらちょっと違う感じの戦法も取れないことはないけど、中距離での削りと直ショでのダメージっていう根本的なところはあんま変わらないんだよね。

もっと分かりやすい例を出すと、アナザーエイジは使える手武器なんかせいぜい5種くらいしかないのにあんだけアセン幅があります。あれは、手武器は同じでも他の武器との組み合わせで立ち回りを変化させれるから。例えば同じ111でも中2剣豪みたいなのからRTミサイラもあるし、果ては重2に載せる人もいます(果てしなく微妙だけど)。同じ手武器なのに戦い方のスタイルはすべて違う。

結局アセンっていうのはフレームと武器の組み合わせによる「システム」として評価すべきで、パーツが固定されてようがなんだろうが関係ないっていうか。要はいろんな「システム」が作れるのならば、アセン幅が広いと考えていいと思います。
そう考えるとAC3はアセン幅はまぁ広くもなく狭くもなくって感じじゃないですかね。PSPのせいで本来の3より少し幅が狭くなっているところはあるかもしれないけど。

似たり寄ったりの機体しかできないな、と思ったら、アセンをシステムとして捉えるって意識で組んでみると、また違った世界が見えるとか見えないとか。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。