--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/01

AC3Pのカメラ位置仕様。

AC3Pのカメラ位置は、旧作と比べて独特の仕様になっています。
それにより対戦の接近戦はもちろん、1人プレイでも近くの敵、特にアリーナで接近してくる機体を倒すのに非常に不便な仕様となっています。
それについて、いったい何が原因でこのようなことが起きているのかを考察してみました。




AC3Pは、ダッシュをした時に、カメラが従来作よりも遅れて付いてくるという仕様があります。
これはAC4シリーズのOB時に見られた仕様でもあります。しかしこれには問題点があります。
端的に言えば
・上から攻撃しにくい
・下から攻撃しにくい
・横に回り込んで攻撃しにくい
という問題点があります。その原理を以下で説明していきます。


最もおかしな現象が、真上もしくは真下を向きながらバックダッシュすると、自機の背中方向にカメラが向いてしまうことだと思います。

図を使って説明します。


ac3pcamera1.gif

AC3Pではカメラが遅れて付いていく仕様なのは、前ダッシュをさせれば分かります。
AC3と比べて、機体がある程度前に進んでからカメラがついていく、という挙動をしているのは、試してみれば一目瞭然です(右上図)。
バックダッシュしたときも同様で、自機が後ろ方向にある程度進んでから、つまりカメラ方向に近づいてからカメラも移動を始めます(左下図)。

ここまでは問題はないのですが、問題はカメラを動かしたときです。それが右下図です。
バックダッシュした状態で、カメラを真下あるいは真上に向けようとすると、カメラの位置は、自機の元の位置(静止状態の位置)を基準にして上下に移動します。
しかし、バックダッシュを行っている場合だと、自機が元の位置よりもカメラ側に近づきすぎているので、カメラが自機よりも前に出てしまうという現象が発生します。
カメラは、恐らく自機を中心に映し出すようにプログラミングされているようで、この位置から自機を映すと背中方向にカメラが向いてしまい、前が見えなくなります。

これはミッションやアリーナで、上方向の敵を真上視点+バックダッシュで捕捉しようとした時に頻繁に発生し非常に不便です。もちろん対戦でも上空の敵に対処するのは困難です。


この自機に対して遅れて付いてくるカメラ仕様は、上記のような特定状況だけでなく、上下や左右方向に機体を動かしながらの視点移動(旋回)でも不具合をもたらします。
以下ではその一例として、地上での横移動と旋回の関係について記します。

ac3pcamera2.gif

旋回と横ダッシュ、まずは切り分けて考えてみます。

通常の旋回は、自機の位置を中心に、旋回入力すると同時にカメラが回り込んでいきます。なので、自機の向いている方向とカメラの向いている方向は同一になります(左上図)。これは従来通りです。
横ダッシュの方は、これは前ダッシュや後ダッシュと同じように、カメラが遅れて付いていっています(右上図)。

これを複合したのが、左下図と右下図です。
右ダッシュしながら旋回をした場合、カメラは静止時の旋回と違い、より大きく回り込まなければいけなくなります。機体の向いている位置に対して正確にカメラを向けるにはカメラが機体の真後ろに追い付くしかありませんが、機体は右ダッシュを続けているので、カメラが遅れて付いていく仕様のために絶対に追い付けません(左下図)。
このときのカメラ(見かけのロックオンサイト)と自機(実質のロックオンサイト)の向きを示したのが右下図です。
(※図のミスで視界の中心に自機が入っていますが、実際はカメラに対してもう少し右にずれます。かた、自機の向いている方向は実際にはもっと左を向いています。説明に支障はないのでこのまま進めます。実際に機体を動かしてみてください。)
カメラは相変わらず自機の方を向こうとするので、自機をカメラの右に捉えつつ正面方向を向いていますが、実際に自機が向いている方向は、この図ではもっと左側になります。
これにより、ロックオンサイトがカメラの外に向くという状況が発生します。

この仕様は、敵の側面に回り込むような動きに影響を与えます。
側面に回り込む時、プレイヤーは敵の動きや相手と自分の位置関係を見ながら、旋回をどの程度入力するかや、どのコースで回り込むかを無意識に計算しています。対戦でも同様に、相手の旋回の追いつき具合やダッシュの方向を見て追い詰め方を変えます。
このカメラ仕様ですと、敵(と自分のロックオンサイト)が完全に画面の外に出てしまっているので、そういった、相手の動きを見ながらという操作ができず、勘で動くしかなくなってしまい、非常に不便です。

こういった挙動に対策するのに最も有効なのは、カメラが遅れて付いていく仕様をやめること。というよりは、PS2版AC3と同じカメラ仕様に戻すことが最も有効な対策であると思います。Web上で、PS2版のACシリーズでカメラ仕様に文句が出たのは、LR以外は僕の記憶にはありません。
もし当時のソースが残っていないのなら、とにかくPS2のACを動かして比較しつつ、元に近づけるようにするしかないのではないでしょうか。



自分は対戦を重視するプレイヤーなので対戦を中心に語りがちですが、この仕様は僕のようなプレイヤーだけでなく、一人でアーマードコアを楽しんでいるプレイヤーにも不自由さを感じさせている部分だと僕は考えています。
以上が、僕のAC3Pのカメラ仕様に対する、個人的な考察と見解です。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。