--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/13

予選も終わったことなので。

○AC3P
予選全体を通しての反省会?みたいなのを勝手にやってみます。
佐藤さんとVCしながらやきゅつくやりながらなんで推敲全くなしの適当文章だけど。まぁいつものことです。
予選で既に使われた手に関しては、動画なども既に上がっているみたいなので伏せたりせずに解説に含めていきたいです。

・機体について
熱帯勢に関しては、やっぱり時間が経つにつれてアセンが最適化されていった印象があります。

名古屋や大阪予選の時点では、「2Pに対応できるステージ特化」が基本だったので、

アリーナ、荒野…ミサイルやビット、緑を持った装甲特化
遺跡、廃工場…ステルス、ショットを持った装甲特化
溶鉱炉…ステルス持ったタンクや装甲特化

という形に終始したと思います。
とはいえ機体の最適化が間に合わなかった人間もそれなりにはいて、それが東京までに徐々に最適化されていったのかなぁと。

最終的には開所はビットx2と連動、緑、投擲を持ったSRVTやMSGRに落ち着いて、閉所はそれをショットとステルスに付け替えたような機体がいいんじゃないかと思います。
あとは、1P用に骨やPETALを用意しておいても、アリーナや廃工場、遺跡あたりはアセンの兼用が比較的しやすいので、これもアリです。
ぶっちゃけ趣味機を1P用に用意した人も多いと思います。

ただし溶鉱炉についてはアセンが3種類か4種類くらいあってそれぞれ相性があります。
最初は大阪で活躍した基本の装甲特化。同じ足場に着地した場合、最終的に装甲と火力の兼ね合い、つまりダメージレートで勝ってる方が圧倒的に優位という考え方。
ステルスはお互いが所持しているというのが前提になるので、ステルスが発動していない時間に勝とうという考え方です。これがまず基本になります。
実際、僕も研究不足で同じ手をやられて負けたわけで。つまりは遺跡や廃工場と似たアセンで良くて、アルス君はこのタイプでした。
大阪の時点ではここまでしか研究されませんでした。

で、これをさらに突き詰めてダメージレートに特化していくとチェイン(+大グレ?)を積んだタンクになると思います。
狭い足場で戦えるサイト角と圧倒的な火力があるので、同じ足場でお互いがロックオンして戦う場合は有利です。
大阪の前日になりますけど名古屋ではこの手のタイプがいたと聞いてます。というかameさんが使ってたのかな多分。$さんが使ってたのをameさんがパクったって聞いた気もするけどameさんがもともとタンク使ってるしどうなのかわかんないけど。
僕は大阪までにこの手の機体は知ってたけど、機体の意味までは正確に理解してなかったので強いかどうか分からず使いませんでした。

もう一つの考え方は、お互いロックできない状況で大火力を当てるという考え方。
これは大会終わった後に自分で思いついたんですけど、要するに重2かタンクにステルス積んでLロケやら大グレ積んでしまおうと。
で、同じ足場でお互いステルス発動してる間に当てまくれば勝てる。ただしステルスにもリロードはあるんでそのフォローは必要ですけど。

で、そのアンチとして飛べる機体が出てきます。このタイプについては$さんのブログ見れば書いてあるけど簡単に解説しときます。
上の機体群はすべて装甲特化で旋回が低い。
加えて溶鉱炉はある程度飛べる必要があるので少々無理してでもMAREになってることが多い。
なので002とかで延々と上を飛んでれば結構楽に勝てるはず。一応僕も最初考えてたタイプなんだけど、中2や軽2に負けてたから使わなかった。あと当時はステルスを必須だと思って積んでたからENが足りなかった。
実際は、相手がステルスを使ったときに下層のベルトコンベアのとこに移動するなりして、ステルス発動中の時間稼ぎができるので、自分がステルス持ってないことはそれほど問題にはならないです。むしろステルス切れた後は、ステルスの機体負荷の分だけ相手がしんどいことになるし。
ここに名古屋で他郎さんが使ってたらしい火炎放射とか入れると重量系はすごく残念なことに。ステルスしてても地上にいる限り燃やされますからね。
ただ同タイプが出ることを考えると投擲の方がいいのかなぁって感じはします。

それともうひとつ。$さんがやってた無限飛行ですけど、これは一昨日あたりに$さんが「重量でもMBで無限飛行できる」というのを発見した時点でメッセが飛んできたので、二人でウケながらアセン組んでました。
普通にWS-3とかで機体を組むと通常ブーストでは絶対に届きません。ND-8とミサイルでも積んでれば届くみたいです。
ただND-8とか普通にやってるといろいろな機体にしんどくなるのでまずいないですね。ということでこれから荒野はMB必須になると思います。



ということで今回の予選をまとめると、2Pであれば
アリーナ…緑投擲ビットx2+強連動orステルスの装甲特化
遺跡…ショット投擲ステルスの装甲特化
廃工場…ショット投擲ステルスビットx2の装甲特化
溶鉱炉…上記の4種いずれか
荒野…MB積んだAPの高い機体
みたいな感じでとりあえず落ち着いたと思ってます。リズムみたいに削り武器としてビットではなくロケットを使う亜種もいますけど。
ただし前述のとおり廃工場は遺跡やアリーナあたりと兼用できるので、兼用で1枠余裕を作ってあとは1Pで勝てる程度の機体を出す、というのが多かったと思われます。
溶鉱炉は今のところ飛べるアセンがかなり有力だと思うんで、これに対抗できてかつ重量に相性負けしない機体が組めればいいことになりますね。



これでアセン幅が広くなったか、というとぶっちゃけそんなことは全然ないですね。

荒野の機体だって判明してたら俺だって同じ機体でやってたし、ていうかみんなMB積むでしょうそんなことしたら。
こういうステージ特化に関しては、単純に研究が進んで主流が違うアセンに移ったと考えるべきで、AC3Pがいろいろなアセンの活躍できるゲームだと考えるのは少々早合点かなと。

次にリズムのロケットみたいな亜種の話だけど、まず一つは1Pなら結構適当な機体で勝ててしまうので、1P用として入れてるアセンは幅として見ない方がいいと思います。お互いがラグのない状況であれば、1Pで活躍できるアセンの大半は使えるんで幅があると言えますけど、2Pに関しては本当に特定のアセン以外やることがない。
もう一つは、多少肩武器が違ってても、コンセプトが一緒であればそれは同型とみなせると思います。ビットで削ろうがロケットで削ろうがミサイル撃とうが、装甲特化の肩に削り武器を載せてAP勝ちして手武器で守り抜く、という型にはめてることには変わりはないので同じタイプとみなすべきです。

あとここを勘違いしてる人はまさかいないでしょうけど、今回は単純に5機制なので5機は機体ができます。いろいろな機体が見れてる気はしますね。
でも上位陣の5機を見ると、結構かぶってる機体があると思います。そういうことです。
いわゆる有名人的な人でかつ決勝残ってる人って、装甲特化ショットとか入れてない人いないでしょ?

最後に。これは言うべきではないと思うし叩かれると思うけどけどあえて言わせていただく。
クジ運。
例えば今回の東京予選。館田さんが$さんと別ブロックなら上がってた可能性高いんじゃない?
僕の知る限り、完全新規の超強い人ってあまり聞いてない。だから、そういう人のいないブロックで優勝した人のアセンが、必ずしも最適化されてるとは限らない。
館田さんもそんなに熱帯やってなかったはずだからアセンが最適化されてるとは限らないけど腕の差があり過ぎるとアセン差とかどうでもよくなるよこのゲーム。アセン差と2Pが重なると結構きついけどそこまでひどい機体組まないと思うし。
なので、それを見てアセン幅があるっていう結論を下すのは早すぎる。そういう人が決勝で、特に2P勝てるかどうかをまず見極めるべきでしょう。

このゲーム、2Pで勝てることを前提に考えないと本当にきついです。逆に2Pで勝てたら本物なので、とにかく2Pを前提に考えないと話にならない。
なので、2Pでもすべてのmapに対応できるという前提があって初めて1P用の趣味機体が入れれます。まぁ2P用でも1Pで勝てるんで意味無いっちゃ意味無いですけど、周りと差を出すならほんとそれくらいしかないです。

というところまで読んで、幅が広いと思うのなら、2Pで安定して上の機体群と五分な機体の例を挙げてみてほしいところです。
カラサワや月光もアリだと思うけど2Pで安定しないから趣味って言われたらそれまでだし。
加えて、これより強いアセンが見つかっちゃったらそれはそれで一択になるし、ぶっちゃけどん詰まりなんですけどねこの問いかけ。

・本戦の予想
ちょっと具体的には書かないでおきたいと思います。僕が書くことで不利になる人がいるとアレなんで。
まぁ情報の非対称性がありすぎると新規が勝てないから公開しろよ!って気持ちは分からないでもないけど、知らない人よりは知ってる人を応援したいです。すいません。
その代わり本戦終わったらフォローはしたいです。

ただ、今の状況を整理すると、2Pで勝てるステージ特化を用意した上で、荒野の無限飛行に対策する、溶鉱炉の滞空できる機体に対策しつつ装甲と火力に勝つ、というのが最低限のポイントになると思います。
これに加えて、2P用の機体をどこかで兼用できれば1機余裕ができるから、ここに1Pで勝てて、かつステージ特化のメタになるようなアセンを組み込んでおくのも面白いかもしれません。


なので本戦で重要なポイントは
1.今回のステージ特化に対策したメタ機体を入れれるか
2.相手より優れたステージ特化を考案できるか
3.1Pが引けるか
というところになるんじゃないですかね。一番大事なのは言うまでもなく3です。
それよりももっと大事なのは2Pラグがなくなることですね。あんま期待してないけど。
2Pラグさえなくて、あと5機制じゃなければもっとバリエーションあったと思います。
まぁ2Pを捨てる前提なら幅はいくらでも出せるんですけど、こっからはまじ情報戦と2Pの操作精度とやり込み、そして何よりクジ運の問題になるかもしれねーってことです。
クジ運はどうあがいてもしょうがないので、とにかく今は情報戦、つまり最適な機体を組むって言うのが勝利への近道になると思います。はい。



・関係ないけど実況の話
聞いたところによると、大阪で実況あったから東京でも希望者いませんか?ってスタッフが言ってたって話らしいね。
で、ほんとかどうか知らないけど、実況トーナメントをやるとかいう話があるとかないとか。実況でより好評だった人が勝ちぬいて決勝の実況をやるって話らしい。まぁ人づてなのでマジなのかネタなのか分からないけど。
個人的にはみんなのヲチネタとして本戦の実況やりたかったけど、こうなると出番が減ってアレですね。
まぁ$さんと芦田さんが大会やってくれるということらしいんで実況できなくても東京行く大義名分はできたし。
SAの知り合いとオフ会もあるし、実況トナメってなったらどっち優先するかわかんないな。まぁ流石に本戦の方に行くと思うけど。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。