--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/09/15

はあ。

○AC
何かしらのよく分からないフィルターを通すと俺はいろいろ認めたくなかった人間ということらしい。
適応も何も面白かったらやるしつまんなかったらやんねーっつーか、たかがゲームでこんなところまで妄想できるっていうところが逆にすごい。
ていうか新作系プレイヤー叩きも旧作系プレイヤー叩きも見ててウンザリするんだけどこいつら黙んねーかなマジ。
なんかこういうの見てると、新作でも旧作でも大したことないただのパンピーが知ったかで語ってる気しかしなくて限りなくうぜー。実際どうなんだろうね。

あと全く関係ないけど公式大会の次の日、東京の三鷹でAC大会あるそうです。決定っぽい。
エントリーネームとかいきなり聞かれたんで、とりあえず10分くらい考えて超痛いのでエントリーしといた。



○ボーダーブレイク
ということで面白いゲームの話。
今日、ちょっとした用事があって大学に行ったら、関チャレにボーダーブレイクが入ってたんで早速プレイ。
カードを300円で買って、適当にクレジット入れつつ遊んだ。

参考動画


FPSでいうとランドマスに近い感じの雰囲気だけど、個人的にルールやゲームバランスとかがすごく気に入った。



ロケテ終わっての正式稼働だから、すでに情報は出てると思うけど、ボーダーブレイクなんて聞いたことない!っていう人のために序盤の流れとか。

まず最初にカードを作る。ここに名前とか機体、アバターの情報を登録。
一応カードなしでもプレイできるから、最初に試しにやってみたい場合は普通にクレジット入れて、チュートリアルと通常プレイを一回ずつくらいやってから決めるといいかも。

チュートリアルは操作説明とルール説明の2回で、それぞれ1クレジット(100円)消費。
まぁチュートリアルは受けなくても対戦出来るけど、他に教えてくれる人がいない場合は受けた方が無難です。

操作は左グリップと右のマウス風グリップで操作。
左グリップはチャロンみたいにグリップそのものを操縦桿みたいに動かすんじゃなくて、グリップが固定されててそこにXBOXみたいな感じのアナログスティックとボタンが3つついてて、アナログで前後左右に移動、残りのボタンでブーストしたりジャンプしたりしゃがんだりする。
右のマウス風グリップは原理はまんまマウスで、マウスの手前側から太いコードが手前方向に伸びてる感じ。で、ケーブルが繋がれてるところに手首を置いてマウスを持つ感じ。
このケーブルが結構短くてマウスの可動範囲はかなり狭い。FPSと比べると流石に操作感は悪い。
パッと見、マウスにソールの類はついてない模様だけど、パッドに当たる位置の感触がなかなかいい感じで使いやすい。
うちに欲しいくらい。あれ透明なプラスチックみたいな感じだったけどどういう素材なんだろ。まあソールはモリモリ削れそうだけどw
マウスパッドは持参すれば使えないことはないと思う。多分マウスが普通の光学式なんで相性もまずない。
問題はゲーセンにマウスパッド持参するのがちょっと恥ずかしいことくらい。まぁ別に必要ないです。

通常プレイ(全国対戦)モードは、FPSでいうところの旗取りに近い。
目標は敵陣地にある「コア」の破壊で、コアを破壊しきるか、時間切れした時にコアの残り体力で勝敗が決まる。
コア以外に拠点というのがあって、この拠点を占領するとリスポーン(撃破された後の再出撃)したときに、再出撃場所として選べる。
拠点の占領方法はFPSでいうところのフラッグと同じで、一定範囲内に自機を入れることでゲージが溜まっていく。静止したりする必要はない。範囲は結構広くて半径が機体5~6機分あるから、CoDのドミネーションみたいに旗の付近で集中砲火を浴びてどうしようもない、ということはあまりない。
要するに、拠点を制圧しながら敵コアを破壊することが目標で、敵コアに近い拠点を制圧できれば的拠点への進軍が速くなって有利になる、という構造。
なので、自分が死にまくっても拠点を制圧するために前に出る、という行動が非常に大事。SAの野良とかと比べてチームへの貢献度が大事になるから面白い。
チーム内のスコアも、戦闘、占領、貢献という3つのスコアが総合されて判断されるので、キルしまくるだけの人間よりも、キルも占領もコアへの攻撃もこなした人が上位にくる。
スコア上位になると、試合終了後にもらえるアイテムも多くもらえるので、自然とみんなが拠点の占領やコア破壊を目指すようになる。いいゲームバランスだと思う。
下手な人でも拠点に向かうだけである程度のポイントがもらえるので、キルできないから全然成長できない!というのが、ないとは言わないが緩和はされている気がする。
マップ中にはカタパルトやリペアキットみたいなギミックもいくつか存在して、それを使っていくのも重要。特にカタパルトは高速で移動できるから序盤はこれ使っていかないと相手に先手を取られて不利になる。

ランクが低いうちは、全国対戦ではなくCPUを相手にプレイヤー数人で戦って、ルールを覚えるような感じ。
最初の機体は結構弱くて、上の参考動画ほどクイックには動けない。
CPUはそれほど強くないが固まってこられると以外にきつい。それでもコア前の固定砲台のがやばいけど。

射撃は結構ばらける。イメージ的にはAC3の1000マシよりちょっとマシかなくらい。ただし当てにくいというほどではない。ダジャレじゃないぞ。
リコイルはあまりない。というかタップしたりしたところで精度も上がらないし、反動で上に跳ね上がったりもしてない。
機体のタイプは上の動画見れば分かる通り4種類ある。突撃と高火力はやった。スナイパーのアンロックがまだで、サポートはまだ使ってない。
最初の方の機体だと機動よりも射撃を重視した方がマシって感じだけど、機体が強くなったら上の動画見たいにガンガン動けるのかな。
あと、敵をロックオンして画面の中心にとらえ続ける機能がある。AC4のオートロックみたいな感じ。
ロックすれば当たるわけじゃなく微妙にレティクルも機体の動きと主にブレたりするんで、ロックを補助としつつ自分でaimする感覚。初心者にも優しいし技術の差もある程度出るいい仕様だと思った。

一番ネックになるのはコスパかな。
基本的にはクレジットを入れることでGPというゲーム内ポイントをチャージすることになる。
で、ゲーム中は1秒につき1GPずつ減っていくので、1クレで260秒プレイできるということになる。
ここにアバターの設定やパーツの販売などが加わる感じ。アバターの設定変更は100GP、武器は強い武器ほど高くなるっぽい。アイテム課金みたいなもんですね。
個人的にはアバターとか武器に関しては、条件をクリアすれば即使えるような形にしてほしかった…。
で、1クレで1試合いけるか行けないかくらいなので、2クレ+2試合できなかったらもう1クレ、くらいがおすすめっちゃおすすめ。
あとは余ったポイントで買い物したりする感じですね。
格ゲーみたいに連勝できるわけでもないので何試合もやろうとするとお金がモリモリ減ります。やばい。

あと不満が出そうなのはマウス周り。稼働範囲が狭い、パッド部分が小さい、ケーブルが短くて動かしにくいなど。
慣れれば大したことないんだろうけど可動範囲が狭いからハイセンシ気味に設定した方がいいのかなぁと思える。



個人的な感想としては、ゲーム自体はすごく面白い。グラフィックスもランドマスなんかと比べれば段違いだしゲームバランスもいいと思う。
ただお金の面だけがネック。アイテム課金でぼったくってるのとプレイ時間が短いのがどうもね…。1クレで出来る時間が1.5倍くらいになればちょうどいいと思うんだけど。
まぁ関チャレに2台しか入ってないからあんまり安すぎて人が多くなったり連コされまくったりしたら俺がプレイできなくてアレだけど。
とりあえず大学行きながら1日5クレぐらいやっちゃおうかと思ったり思わなかったり。
興味のある人は、とりあえず3クレ入れてチュートリアルと共同戦線やってみては如何か。

ていうかこれPC版で出ないかなぁ。6kくらいで。普通にやり込みたい。
どうでもいいけど参考動画のやつ、プレイしてるのスタッフらしいけど上手すぎて笑った。

コメント

非公開コメント

地味に注目してました。やりてぇ。特に重装。迫撃砲があつい。金がすっ飛んでいきそうでこえぇなぁ。

大阪駅前第四ビルのセガでロケテやってたのは見たけど面白そうではあった
まああの行列に並ぶ気はしなかった程度の興味だけど

金はすごく使う。やばい。
迫撃砲はCoDでいうとこの空爆みたいなもんなので、アクション性とかはないかも。
敵の多い所に落としてプチプチする感じだけど、味方巻き込みそうであれ。ダメージないらしいけど味方撃つと警告メッセージみたいなの出るし、味方いるところに撃って問題ないものなのかな。
重装はロケランがなかなか強力っぽいから、後方からの火力支援や接近戦の火力、コアの破壊とかに威力を発揮しそう。

>佐藤さん
関チャレ笑えるほど過疎ってるから連コ余裕でした^^v
明日も用事あるからちょっとやってこよ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。