--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/10/23

当たるかも。

Qpad HeatoNとDAでCWしてみたけどフィーリングはかなりいい。と思う。
布→Sphexの移行は苦労したけどSphex→QtoNの乗り換えは問題なし。体感ではSphexより止まってる気がするけどDAのソールが削れてるだけかも知れん。

mambaはやっぱなんか違和感ある。例の問題はグレーの面だと起きないけど黒の面だと起きるらしい。
QtoNは真ん中にHとNの文字がグレーで入ってるからそこでやるとちゃんと読みとるけど、俺のポジション的に上の方を使いたくなる感じなのでちょっと難しいかな…。
それ以外にもなんとなく思ったところで止まってないような…?気のせいだろうか。

DAはFirm updateしてから直線補正がちゃんと切れてる臭くて、aimに影響してるんか知らんけど安心感はある。
今日はaimがオーバーする感じもなかったし。Firm up後はしっかり止まってくれてる気がするなぁ。

デスクスペースが確保できて、かつ新S&Sよりは止まるプラパッドがいいなぁ、という人にはお勧めできそう。音もそんなにうるさくないし。
デカさがQckHeavy並みなんで、机からはみ出した状態で置くとかはできないけど、置けさえすればマウスが外に出ることは絶対ないね。
僕はスペース確保できなかったんで、モニタ位置が少し遠くなって、パッドの左側1/5くらいにキーボードの右側が載っちゃってるけど。

ちなみにSphexは、多分使用して4~5か月経った頃に剥がしたことになると思うけど、裏面の微粘性接着剤が机にひっついてSphexから剥がれてしまった。これではもう使えないし何より机についた接着剤が…。
粗悪品掴まされたかなぁって感じだけど、定期的に剥がしたり貼ったりすれば問題はないと思うので、Sphex考えてる人は1週間に一回剥がす「メンテ」を行うのがいいかもしれない。
Sphex自体は、狭いけど普通のプラパッドって感じだった。固さは机に依存するので、僕の環境だとかなり固かったです。


つーことでしばらくはDA+QtoNの組み合わせでやっていきます。
Steelの4HD、9HD、あとZoweiも気になるけど、まぁQtoNに飽きるまではいいや。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。