--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009/12/31

Q&A。

○APTLについて
Q.どうしてアドパなの?
A.僕がアドパしかできないからです。
kaiは3Pのときは行けたけどSLPになってから出来なくなりました。原因は不明です。
主催だけやれないこともないですが、アドパ勢が人数の少なさから、自分を含めて研究面で多少遅れがちなのは否めません。それをカバーするためには、アドパ全体を盛り上げる必要があると感じました。
定例化することでkaiよりもアドパが盛り上がっている状況を作ればベストだと思います。そこまでは求めませんが、少しでも人口が増えればいいなと。

Q.どうして金曜開催なの?
A.定例化を目指しつつ、対戦会やオフ会の支障にならないラインだからです。
通常、うちでの対戦会は土日にやるので、被るとあんまよくないなというのが理由です。僕自身はあくまでオフライン志向なので、オンとオフのどっちで対戦するかと問われればオフでやります。
金曜日なら翌日が休みなので、夜中にゲームしても多少無理が利く人が多いのではないかと思い、金曜にしました。
残業や休日出勤の人には申し訳ないですが、ご協力お願いします。
一応大会後にアンケートでも取るつもりなので、参加人数やアンケート結果によっては土日にするかもしれません。

Q.定例化するの?どのくらいの頻度でやるの?
A.定例化は極力します。頻度は隔週。
参加人数がたとえ4人くらいでも、もう一度やりたい!という希望さえあれば定例化の方向で考えていきます。
結果の報告等は2chのスレでも行い、いろんな人に興味を持ってもらって、それで人数が増えればうれしいなと。
毎週やるのはちょっとやりすぎかなという気もするので、隔週くらいがベストなのかなと思います。
これもアンケートを取って、場合によっては毎週やったりするかもしれません。

Q.なんでIRCにこだわるの?
A.集合に便利だからです。
アドパで集合となると、1時間待っても相手が来ないことがあるのが現状です。また、バトロイも多いので1vs1志向の人にはあまり適しているとは言えません。
PS3の前でずっと待っているのも暇なので、普段PCで何かしらしていることが多い自分としては、PCで別のことをやりつつ、相手がいるときだけ対戦するという形の方がありがたいので、IRCのようなツールがあると重宝したりします。

Q.IRCの人たち、挨拶もしてこないしなんかこわい。
A.そんなに気にしなくていいと思います。
irc自体は気軽に使えるチャットシステムなため、いろんな人がいろんなタイミングで入ってきたりします。
全部に毎回挨拶返すのはめんどくさいですし、すべての会話にレスポンスするのも骨が折れます。IRCに常時貼りついて他のことに集中できない状況もあまり好ましくないですよね。
なので、こちらの会話に誰も参加してこなかったり、挨拶がなくてもむしろそれが普通っていうこともあります。
逆に、自分が毎回挨拶と会話への反応を求められたらあなたはどう思いますか?つまりはそういうことなので、とりあえず入るだけ入っておいて、自分が会話したいと思ったときに発言するのがいいでしょう。そのくらい気軽に使ってもらっていいと思います。
誰か呼びたいときは、相手がキーワード反応を設定していれば名前等を呼べば反応を返してくれると思います。
ちなみに僕は「Ombre」「ombre」「おんぶる」「おんぶれ」「ぶるちん」なので登録してあるので用があるときはどうぞ。

Q.○○禁止(解禁)したほうがよくね?
A.今回はとりあえずこのまま行きます。
3Pもそうですが、Portableシリーズは昔のN系と同じく、プレイされる時間があまり長くないゲームだと思います。
そのため研究も遅れがちなので、定期的に大会をやることで研究が進めばいいな、という思いもあります。
公式大会予選の傾向を例に挙げる人もいると思いますが、あの手の大会ほど趣味機体で出る人や知識の足りない人が多く、全体の傾向はむしろアテにならないので、見るなら上位陣の傾向を見るべきです。
半端な形ではありますが一応新作ですので、その上位陣もまだ研究の余地のある部分を見逃しているかもしれません。
その辺も加味したうえで、基本的には主催がやりたいようにやる大会、という位置づけでとらえていただければいいと思います。
極端なことを言えば、主催が気に入らなければなんでも禁止になる可能性はあるということです。基本的には僕のやりたいようにやります。
そういうことなんで、将来的には電池解禁したりゼロシフト解禁したり、ハードモードにしてみたりということもあるかもしれません。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。