--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/23

リミカ周りの駆け引きについて2。

○リミカと対戦時間の関係
リミカ中は、完璧に動けば被弾は0に抑えられるので、極論で言えば試合時間がリミカ分だけ短くなるとも考えられます。
相手に弾を当てるのはリミカ中よりもリミカ前の方が当然当てやすいので、ここでできるだけ火力を使っておいたほうが得策。
このできるだけ、というのは、逆転までのプロセスを思い描いた上でのできるだけ、という意味です。
例えば、こちらが瞬間火力で優っていて、ダメージ受けても逆転圏内なら、できるだけ弾は撃ち切ったあとで逃げ切りを狙ったほうがいいだろうし、ノーダメで全部当てればギリ勝てるけどダメージ食らうと詰む状況なら、こちらの被弾を抑えないといけないので、リミカ中に全部避けて全部当てる、という選択肢もあります。
いずれにせよ、ミサイルやEスナ以外はリミカ中に当てるのは極めて困難なので(というか前二者でもかなり困難)、できるだけ相手のリミカタイムまでに、どう逆転するかというプロセスを考えたいところです。


○リミカ時間の差
実用コアの中で言うと、ONEコアだけリミカ時間が20秒しかないので、リミカ勝負になると確実に5秒間不利になるので注意が必要です。
なので、ONEコアを使う場合は、残り時間25秒から20秒までの5秒間、リミカ無しで耐え切れるだけのAP差を付けておかないと、安定して勝つことは出来ません。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。