--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/25

リミカ周りの駆け引きについて3。

○リミカタイミングとダメージレート
こっちがリミカしていて相手はリミカしていない、という時間帯は非常に有利なので、一気にダメージを奪いたいときは本来のリミカタイムより前にリミカするときもあります。コアのリミカ時間に差がある場合は一方的に有利な状況が5秒でき、相手がリミカに気づかなかった時や、すぐにリミカを返すわけにはいかない状況なら、その時間の分だけ有利な時間が伸びます。

ただ、先にリミカするということは先にリミカが切れるということなので、後のことも考えないといけません。
コアの時間差がない場合、先にリミカして勝てるのは
1.リミカ攻撃で撃破しきれるとき
2.リミカダウンした後に相手のリミカ終了まで耐えつつ、相手のリミカダウン中に攻撃してダメージレートで勝てるとき
3.リミカダウンしたあとに相手の攻撃を耐えつつ、時間切れまで粘れる時
この3パターンだと思います。とはいえ2と3は似たようなもんです。

1.については、こっそりリミカして相手が気づいてリミカを返してくるまでに撃破できるAP圏内のときに使えます。
代表的なのはカニラッシュで、相手が9610タンクとかならAP2000~3000程度であれば、残弾にも寄りますが気づかれる前に撃破が可能です。
ここでは、相手の装甲とAPに対して、こちら側が削りきれるかどうか?という駆け引きをします。

2.や3.については、エネルギーを使わずに撃てる武器があるかどうかや、彼我の装甲差、AP差などを見て判断します。
リミカダウン中は回避行動が歩行での切り返しくらいしか取れず、両者が弾が当たりやすい状況になるので、当然硬い機体や火力の高い実弾武器を持っている機体が有利になります。もちろん、先にリミカして出来た時間差でできるだけ大きなAPを付けるのも重要です。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。