--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012/03/17

例のファイルの検証

話題のトクナガさんバグ利用疑惑について検証してみた。

先に立場を表明しておくと、俺はトクナガさんには2~3回会ってて一緒にフリー戦したことはある。
rionさんって人は知らない。

なのでどうしてもトクナガさん寄りの検証になることは否めないかもしれないし、実際にはトクナガさんの無罪証明をしたいと思っているが、特別トクナガさんと仲がいいわけでもなく、別にトクナガさんがいようがいまいがどっちでもいいという程度の関係ではある。ちょっと冷めた言い方になるけど。
つまり、白であって欲しいけど、その上で黒だったらもう仕方がないという立場。
なので、できるだけ公平かつ科学的?な視点から検証はしているつもりです。


問題の作戦ファイル
http://www.youtube.com/watch?v=RVx_GhVYKZ0

時間表記は作戦時間ベースです。

M2=トクナガさん(Wパルマシ格納ハンド)
06=rionさん(KE,TE特化中2)
01=重2(防御タイプ不明)

ここまでは両者からのヒアリングで確定。

重2のAPは仮に42000程度とします。

○検証
00:22
M2と06交戦開始。完全に横を取っている。

00:29
06のAPが50%に。
中2なので15000~20000程度APが減っていると思われるが、中2はWパルマシまたはハンドガンの反動による防御低下でパルマシが通ったと考えると、7秒間横から撃っている状況なら不思議に思うところはない。

00:32
ケツから追いかけて06のAPが30%に。このあと06は戦闘に一切絡まなくなる。

00:52~00:53
M2と11が交戦。
一瞬でAPが50%以上→10%以下となるが、「トクナガさんの証言によると」11は逆関節なので、パルマシを持っていればありえる数字と思われる。

00:58
M2が11を追撃して撃破

その後膠着状態が続く。
高速道路付近でM2、16と01の小競り合いが続くが、M2は相手のTE防御が高く地形も悪いため仕掛けられなかったと思われる。

05:41
M2が01の側面を取る。高低差が8mほどあるが、地形的に上段と下段に分かれている可能性はあるため攻撃圏内かどうかは不明。要検証。

06:37
M1に09が気を取られていて、01がビル影にいる状態で、M2が上陸に成功。
このあと、M2は01を避け09を狙うアクションを見せる。

06:55
M2は01を完全スルーし09をアタック。06:58で09のAPを50%まで削る。
09の機体は不明だがパルマシの瞬間火力を考えるとおかしなデータには見えない。

07:24
北方向に逃げた09をしつこく追撃したM2がこの時間で撃破。
交戦時間を考えるとダメージレートに特に不思議な点はない。

07:48
M2が01を補足。完全にケツを向けているので前に出ていると思われる。

08:05
M2が01を追撃中。
かなり至近距離で交錯しているがダメージは50%まで減っていない。
これ以降、高速道路中段(rionさんの証言)を逃げる01をM2がガン追い。

08:53
ここまでM2がかなり追撃をかけている。相当数射撃をしていると思われるが01のAPが一向に50%を切らない。
TEメインの兵装のためかなり弾かれていると思われる。実質的にはハンド以外のダメージは通っていないのでは。
ここでM1が到着。

パイル狙ってたらしい(本人談)

09:00
ここまで追撃していたM2が地形の影に隠れる。
完全に目線を切って地形を探している。ゲージ回復目的?

09:01
ここで01のAPが50%を切る。残りAPはおよそ21000程度と思われる。
ここが問題(とされている)のシーン。

09:13
01が3機に囲まれるがM2のみ気づいていない。
01は16と交戦。

09:21
M1が前に出始める。

09:24
M1が前に出た途端APが30%を切る。(21000→12600。-8400)
たまらず01が下がる。

09:27
この時点で01はM1の射程から逃れていると思われるが、ここで再びM1がアタックする。

09:29
おそらくここで01とM1が再び交戦を開始する。

09:31
M1が01のAPを10%まで減らす。2秒で20%減少であれば弱点火力(例えばバトライ)が2~3発かすっただけでもこのくらいは減る…かもしれない。
(12600→4200。-8400。)

09:36
M2が01にトドメを差しに行く。




この検証から、トクナガさんは「白」と感じた。

以下理由。
1.問題のシーン(09:01)
まず、ここでAPを50%まで減らしているのはM2ではなくM1。しかもこの瞬間M2は完全に視線を逸らしている。
09:01以降の展開(09:24~09:31)を見ると、APの減るペースからM1は01にかなり効果的な武器を持っていたのでは?という疑問が拭えない。
また、08:05から09:01にわたりM2はおよそ1分にわたりアタックをかけているものの、APは一向に50%を切っていない。
また、作戦ファイル上では50%まではAP減少までの経過がわからないので、これが100%→50%の変化なのか、60%→50%の変化なのかはわからない。ただし、01はこれまでにもいくつかの小競り合いは続けているし、なにより08:05からは完全にケツを取られているので、全くAPを減らされていないとは考えにくい。

以上から、この時点で「2秒でAPが20000一気に減った」というのは、盛りすぎとしか思えない。

最大限好意的に解釈するとして、仮にAPが100%の近い状況で、M1の攻撃は実は09:01の瞬間しか当たっておらず、トクナガさんの攻撃によってのみ50%近くのダメージが入ったというのならば、08:03からの追撃のダメージが蓄積していたのではないかと考えられなくもない。ラグのせいで、漏れていたダメージがあるタイミングで一気に入ることがあるので、ありえない話ではない。
が、俺が同じケースで見たことがあるのはせいぜい数秒程度のラグで、1分間にわたりラグが発動してというのは聞いたことがないし、本当にありうるのならもっと瞬殺の報告が目についてもいいと思う。可能性は薄いのでは…。

また、回線抜きというのも可能性は薄いと思う。
まず回線抜いたら落ちないか?という疑問がひとつ。
あと、もし落ちなかったとして、回線抜いたら相手の移動のデータが伝わってこないので、回線抜きだとすると08:03からのトクナガさんの追撃は不自然では?
回線を意図的に一定値まで絞ることについて、これはもしかしたらあるかもしれない。PCのFPSだと外部ツールで回線を絞ることはある。ただこれって、使ったこと無いからよく知らないけど、PC上で制限してるだけでルーターとか、ネットワーク上の他のコンピュータの回線まで絞れるのだろうか?

以上から、「重2なのに2秒でパルマシで20000減らされた」という証言自体にかなり疑問を感じた。

2.故意性について
もし仮にトクナガさんがバグ状態にあったとして、その故意性は?

06:37から、M2はかなり意識的に01を避けて09を狙っていることがわかる。
つまりこの時点でトクナガさんはバグ状態になかったか、バグそのものに気づいていない状態と思われる。
それまでのダメージの減り方からも、この時点で、異常に大ダメージを与えている箇所はないように思える。

もし、ここで意図的にバグを発動させられるとしたら07:36時点からになる。一応、このタイミングなら敵に狙われる危険性もないので、例えばPCを使って外部ツールを発動して回線を絞るなんてことは可能かもしれない。
ただ、俺はPCからPS3の回線を絞るツールというのを聞いたことが無いので、回線絞りだったらこういうツールを探してこないといけない。
またこのゲームの判定は全て攻撃側判定なので、極端な話、相手が追ってきているのが見えているのであれば、こっちが先に撃破出来るだけの弾を当てていれば問題なく判定勝ちできる。1分間チェイスされてほとんど弾も当てずの状況であれば、回線絞ってたとしても絞ってなかったとしても減るAPは同じである。
追ってきているのは01は十分認識していたと思われるため、そのような状況で回線を絞る意味がそもそもない。

3.フレイムフライ
その後フレイムフライ相手にトクナガさんを雇用して、そこでバグを使ってるかどうか確認したとのことだが、フレイムフライのTE防御なんか紙っぺらでしかも反動で固まるんだから、これはどう考えても言いがかりだろう…。無視して良い意見と思われる。

4.このゲームの攻撃表示について
検証してないので完全に体感になるが、見えないミサイルが飛んでくるなんてのがよくあるように思う。
また、散弾は相手画面では1発しか表示されておらず砂と見間違えることも結構ある。
攻撃側判定なので、壁に隠れた後にダメージが入ることもよくあるし、爆風やフレームレートの低下で何を食らってるかすらわからないこともザラである。
つまり、パルマシを食らったと思っていても、実際はそうでなかった可能性というのは無数に有り得るというのが多くのプレイヤーの共通理解だと思う。


結論
2秒でAP20000減ったという事実そのものが怪しい。
仮にそうだったとして、M1の攻撃だった可能性が否定出来ない。
M1の攻撃である可能性が排除されたとして、バグ利用に故意性があったかどうかはかなり疑問がある。
回線絞りという可能性は、そういうツールの存在を証明しない限り考慮できない。

今回のケースを黒と断じて晒すのであれば、これらを一つ一つ客観的なデータを用いて証明すべきでは?

コメント

非公開コメント

なるほど、ツール自体はたしかに存在するんだね。
けど原理的にはPCのFPSとかと変わらなくて、この方法だと相手が動かなくなって、そこに弾を撃ちこんで倒すわけだ。
となると、トクナガさんは物陰からこのチートを発動して、動かない相手を殺し、接続を再開する、という手法をとったことになるけど、そうすると矛盾が出てくる部分があって、
1.このチート発動中であれば敵を正確に認識して追いかけることはできない=08:05以降の動きを説明できない
2.このチートであれば、01がトクナガさんを視認して逃げていることがそもそもおかしい
ということになると思うので、このツールでは今回のケースを再現することは難しいのでは?

2秒で40000減ることもあるゲームだし
別に気にするほどのことでもありませんね
よっぽど悔しかったんでしょうね
あ、40000減ったのはタンクからキャノン系のやつ3発です
最初何が起こったか分からなかった
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。