--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016/08/03

【本当に申し訳ないと思っている】元関西最強旧作ACプレイヤー(自称)Ombre選手の数々の「やらかし」

最近、twitterでこんな話題が飛び出した。

もうそろそろ20代最後の歳を迎えようとしている僕が、一番アーマードコアに情熱を注いだのは大学在学中、特に大学1~3回生ごろだった。もう10年近く前の事になる。

 僕は、大学進学とともに一人暮らしを始めた。一人暮らしをすると親の顔色を伺わなくて良くなるので、借りたアパートでは対戦会をほぼ毎週やったり、親の仕送りから遠征費用を捻出したりとやりたい放題。一人暮らしとともに急激にアクテイブになるというのは、ゲーマーならずとも経験したオトナは多いはずだ。

ご存知の通りまぁまぁイタい性格の僕が急にアクティブになるもんだから、当時はかなり各方面に迷惑をかけてしまった。今回のやりとりでその数々の「やらかし」を思い出してしまったので、この場を借りて懺悔したい。

ただし、なにせ10年近く前のことなのでかなり記憶が曖昧になっている部分もあり、もしかしたら正確ではない記載があるかもしれないので、その点はご了承いただきたい。ちなみに、編集がめんどくさいので、間違いを見つけても黙っていてくれると助かります。


PS2保冷剤結露故障事件

前述のtwitterのやりとりにもあるのだが、PlayStation2を破壊してしまった話。
自室で対戦会を開いた際、iLink対戦の接続が切れてしまうことが、特に夏場はよくあった。
PS2が熱暴走しているのが原因じゃね?と思った僕はおもむろに冷凍庫から保冷剤を取り出し、「これで冷えるやろwww」とかいう甘い考えでPS2のホットゾーンである電源部分の真上に置いた。
結果、PS2内部で結露が起こり、落ちた水滴が回路にあたってショート。
パチッという音とともにPS2内部が発光したのが電源ファンの隙間から見えたころにはPS2がお亡くなりになっていた。

自分のPS2が壊れただけならまだよかったのだが、これ以降の対戦会をどうしたかというと、キリトさんにPS2をもらった。しかもカネは払ってない。

夏場に対戦会を開くと排熱の悪いPS2にイライラすることもあるかと思うが、決して保冷剤などを使用して冷やさないほうが良い。PS2保冷剤結露故障に詳しいおじさんからの忠告だ。

他人のハンドルネームを勝手に使う

これは大学時代よりもさらに話が遡るのだが、中学2年生だった頃の話だ。

当時はアーマードコア3サイレントラインが出たばかりのころで、これが僕が初めて触ったアーマードコアだった。

当然対戦会などというものの存在は知らず幼なじみ(?)の佐藤一郎とばかり遊んでいたのだが、どうもインターネッツ上には強い奴らがいるらしいということを知った僕は、AC3SLで自分が組んだアセンブルをとあるサイトの「機体評価掲示板」なるところに投稿して意見を仰ぐことにした。

もちろんハンドルネームを入力しないと投稿できないわけだが、その時はHNなどというものは決めても居なかったので、「何も思いつかんけど前に見たことある名前やけど誰も知らんやろ、適当に入れたれ」というわけのわからん理由で入れたHNが「影」である。


今思うと本当にわけわからんが、よりにもよって「影」やぞ。ちなみに有名プレイヤーのハンドルネームと全く同じことをすぐさま指摘された僕は適当に話をごまかしつつ「なんかカッコいいよな」というこれまたよく分からない理由で、「影」をフランス語に訳したOmbreと名乗ることになった。これがOmbre誕生の瞬間である。


ちなみに英語(shade)にしなくて本当に良かったと思っている。


同人誌即売会でキャラ名を間違えて読み上げる

昔和歌山に済んでいたわっとさん(@wat_des)という4系の有名人がいたのだが、彼はいわゆる「東方」というジャンルが好きで、よく絵を書いている。

彼が関西の同人誌即売会にサークル参加するというので、僕は「アーマードコア勢でわっとさんのブースに遊びに行こう!」という迷惑極まりない企画を立てた。

まずわっとさんのブースでバレずに買い物をするために変装するというしょーもない行動に出て一瞬でバレるという事件もあったが、ともかくブースの前に到着した僕たち。

そこで僕は面白いだろうと思ってわっとさんの同人誌の内容をその場で読み上げるのだが、「紫~、紫~」というセリフを素で「むらさき~、むらさき~」と大声で読み上げてしまう(正しくは「ゆかり」らしい)。アーマードコア勢に即座に指摘され、「あ、そういえばゆかりって名前のキャラクターいたな」とは思うのだが時既に遅し。東方ブースのど真ん中で赤っ恥をかき、わっとさんを辱めるだけでなく自身も深い傷を負うこととなった。


大会でキレてコントローラーを破壊する

2ちゃんねるなどでは「マウス破壊した」「コントローラ投げた」などという話はよくネタとして扱われるが、相手の顔が見えないオンラインゲームなどはともかく、リアルで相手と対面する大会でコントローラをぶん投げて破壊した奴はそうそういないだろう。ゲーセンで灰皿投げるみたいなもんだ。

ところが旧作アーマードコア界隈ではそれを実行に移してしまった人物がいる。そう、僕です。


時期や場所を覚えていなかったがブログ記事がバッチリ残っていた。


状況はしっかり覚えていて、相手はameさん。当時は僕は「もしかして俺、ちょっと頭角出はじめてきちゃった?w」と内心思っていて、調子に乗っていた。対してameさんはこの大会で優勝することで評価を急激に上げることになる。

この試合でも1戦目は無難に勝っていて「やっぱり俺ってつえぇ……」とか思っていたはずなのだが、2~3戦目でドッスン着地に大グレを食らったりエリアオーバーしたりリミカ戦でチャージングしたりと意味不明なミスを連発。それで頭がフットーしちゃった僕はつい衝動にかられてコントローラーを地面へ投げつけてしまうのだった。

当然周りからは「なんやコイツ……」という目で見られたり、ひそひそと何か言っているのが聞こえるわけで、僕は外れてしまったL2ボタンを拾って一旦会場の外に出た。

自販機で買った紙コップのジュースを飲みながら「やべぇ……どんな顔して戻ればいいんだ……」とか「このままバックレたろか……でも荷物中に置いたままや……」などと考えているところをマクシミシアンさんに見つかり非常にバツの悪い思いをしたのを覚えている。


ちなみにこの事件以降、2ちゃんねるの「アーマードコア2・アナザーエイジ等のスレ」という実質晒しスレにて僕への風当たりがめちゃくちゃ強くなったのは言うまでもない。


公式大会で勝手にやった2Pラグについて言及しまくる

アーマードコア3ポータブルというゲームがPSPで発売されたとき、関西からPSPの公式大会に出ようという強豪プレイヤーはほとんどいなかった。

その頃の僕は既に「関西で一番アナザーエイジが強い」と言われるくらいになっていて、周りの強豪が出ないなら、まぁちょろいもんだろうということであまり練習することなくPSP版の公式大会に出場する。

調子に乗っている割に3ポータブル、サイレントラインポータブル、ラストレイブンポータブルと成績は散々だったのだが、今回問題にしているのは3P公式大会の大阪予選で実況をやったときのことだ。


当時はすでにMRM(ミニマムレイヴンズミーティング)というオフライン対戦会の主催を来人さんから引き継いでいて、そのトーナメントで実況もやっていた僕は、運営スタッフに当日の試合実況を申し出て、これが許可された。


さて、PSPのACシリーズでは2P側の操作にかなり重いタイムラグが発生することが有名だった。

決勝の対戦では1P側のプレイヤーが全脚部の中で2番目に速いHUESO(通称骨)という脚を使用しており、2P側のプレイヤーのサイティングが追いつかず一方的に殴られる展開となった。


大会を通して見ている人の中には2Pラグのことを知らず「全然サイティングが追いついていないから、2P側の人は弱いんだな」と思っている人もいるかもしれない。それは可哀想だ。そう考えた僕は大会中についつい2Pラグについての解説をしてしまうのだが、2P側の人をフォローしようとするあまり


「あ~、これは2Pラグがきついですね~」

「いや~、2Pラグでサイトが追いつかないですね~」


などと連呼してしまう。

ちなみにこのあとSLPやLRPでも公式大会が開かれ、プレイヤー実況の公募までされる盛り上がりを見せるが、わざわざ運営が用意したペーパーに「実況の2Pラグについての言及を禁止」という趣旨の注意事項が記載される事態となった。


さすがに企業側の立場も分かるのでもし鍋島Pになんかの機会(大会など)で会うことがあれば直接謝ったほうがいいかなぁと思っていたら、噂ではどうも退社されたらしい。

文章に「かつて」とある

めんどくせぇプレイヤーがいるからアーマードコアは嫌だ、とか思われてたのかもしれない。


ちなみに、この大阪予選で「Ombreが実況中にクソゲーって言った」という話が2ちゃんで広まったが全くのデマで、クソゲーって言ったのは大会の抽選で1回戦で知り合いと当たったからであり、しかも大会開始前なので実況では言ってない。あれは2ちゃんで擁護してくれた人がいてマジで助かった。


大会運営に違法配信動画を送りつける

これも3Pの大会の話だったと思う。多分3P公式大会の決勝が東京で行われるときに、実況やらせてくれませんかという趣旨の連絡をしていたはずだ。

大会の概要が発表されたときに、スタッフ枠として誰かが出るよ、という話が書いてあった。

それを見た僕はなぜか開発者相手に「こいつらは素人だからロクに機体も動かせないだろう」と考え、これを見て勉強してくださいね^^という趣旨の文章と一緒にアーマードコア初心者講座の動画URLを送りつけた。

 

よく考えなくても頭のおかしい行為で即刻ニコニコアカウント削除と損害賠償を請求されてもおかしくないのだが、見逃されて今に至っている。


ちなみにこのとき、3PとSLPにはカメラ関係で不具合があったのだが、その修正要望をメールに書いたらLRPでは直っていた。


フロムの公認大会制度を終わらせたのは俺だ

フロムソフトウェアが、事前に申請があったユーザー主催大会の優勝者と準優勝者に「認定証」なるものを交付するという制度があった。

開始当初はプレイヤーにとって価値のある制度だったのだが、数年も経過した頃には規定で定められた参加者の名簿(なんと住所・実名入り)を送ったのに認定証が届かなかったり、認定証が在庫切れを起こしたりしていた。


それに来人さんあたりが相当キレていたのだが、個人的には10年近くもやっていれば対応悪くなってもしゃーないよな、騒ぎすぎじゃねーかな、くらいに考えていた。


とはいえサポートする気がないのに一向にHPから同制度に関する記載がなくならないので、宣伝オグさん(@senden_ogu)のアカウント宛に「できないんならなくしたらいいんじゃね?」という趣旨のリプライを送ったらマジでなくなった。



斧男乱入事件

いやぁ、やっぱり「Ombreのやらかし」と言ったら最後はこれだろう。

大学を留年してしまい5回生に突入したあとの自宅対戦会で、深夜の12だか1時くらいまで騒いでしまったときのこと。

そろそろ寝るか、ということで片付けをしている最中にインターホンが鳴るわけ。

で、ヤバイのはわかってるので全員静かにして、参加者だったみねさん(@minelayer)が覗き穴でドアの外を確認。


みね「なんか斧持ったおっさんが立ってるんだけど……」


強盗か!?状況からして事件性が高すぎるので当然居留守を使う。鳴り続けるインターホン。

ここで致命的なミスがあるんだけど、なんと部屋にはカギがかかっていなかった!


で、おっさんがドア開けちゃって、玄関にあったゴミ袋蹴散らしながらなんか喚き散らしながら入ってくるんだけど


お前、隣りに住んでるおっさんじゃねーか


俺とみねさんで頑張って腕を掴んで抑えるものの、おっさん建設だか土木だかの職人っぽくて腕力がすさまじい。

その間になんとかレモンさんに警察を呼んでもらってお引き取り願ったのだが、警察が来る間にもなぜかみねさんがビンタされたり、喚き散らしたりでもう大変。

大体、「ゴミだらけでキッタナイ部屋やの~!」とか言ってたけど、そのゴミ、あんたが入ってくるときに蹴散らしたやつやぞ……。


警察到着後はとりあえず事情聴取されて、結果としては「おっさん酔っ払ってるし、あんたらも深夜にうるさかったのは悪い」という趣旨のことを言われる。いや、俺は不法侵入と殺人未遂だと思うんだが……。しかもおっさん怒ってる原因の一つが「度重なる深夜のマージャン」らしいのだが、うちで深夜にマージャンしたことはないのでその件に関しては完全にとばっちり。


そのあとは結局部屋を引き払って、授業も週1回だしそう遠くもないので、実家から通学することになった。


ちなみにこの対戦会はわっとさんが初めてOmbre宅対戦会に参加した日のことなので、わっとさんには消えない記憶が植え付けられることになった。




このように数々の「やらかし」をしてきた僕だが、事例には枚挙にいとまがないし、あんまり覚えてないものも多いのでココらへんで筆をおきたい。

「おい!アレの懺悔がないじゃねーか!」という方は@ombre3までご連絡いただければ、気が向いたら書くかもしれない。



久々に書いた記事が、これか~。それではまた。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。