--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/08/05

脳内5強。

あくまで脳内。
AC大会って人口が少なくてメンバーが集めづらくて、他ゲーより頻度が少ないから、最新の大会が必ずしも最新のアセンを反映してるわけじゃないと思うんだよね。
例えば今回はプリキュアが優勝してたけど、それによってアセンバランスの変化がある。
というよりは、各脚部プレイヤーがセラピーを含めて既存のアセンに改良を加えたり、動きで対策したり、という面が大きいとは思うけど。

だから、結局のところは今まで通りタンク・VAT・RTあたりが上位にいることは間違いないだろうけど、その細部が変わっていくことは十分に有り得る。
なんで以下は俺の脳内の5強と理由。

・レインボーセラピー
俺はこのアセンを一生プリキュアと呼ぶことにしている。
俺も最初はただの対策不足じゃねーのと思ってたが、一度しっかりと考える機会を持ってみると非常に強いことがよく分かる。柄じゃないから使おうとは思わないけど。
既存のぴぴこアセンだと最大の弱点は火力も射程も負けるEスナだったけど、プリキュアはそのEスナに有利が付けられるように工夫されてるシステマチックなアセン。

装甲のおかげで落ちない、というだけではなくて、機動力が強さに大きく関係してる。
というか、そもそも装甲を上げたSSや中2のppk機体は今までEスナに負けてたわけだから、装甲だけが利点じゃないことは明白。

その秘密はやはり機動力と弾数。
例えば、ぴぴことEスナがブレイザーでロックできる距離ギリギリで撃ちあう。
ただの軽量なら装甲がないから何とかなるし、プリキュアより重いラインになるとEスナはより当たりやすくなるから撃ち合いに応じることができる。実際、今までのぴぴこ機は、この距離の撃ち合いでは命中・火力ともにEスナに劣るから無理だと考えられてた。
ところがそれがプリキュアだった場合、Eスナ側としたらこの距離は外れるリスクが高いし、装甲も落ちない程度にあるので、撃ち合いに応じることができないわけ。

にもかかわらず、こちらは弾数が多いので撒いていける。仮に総火力が一緒でも、弾が多いってことはリスクが分散されてるってことやしね。
しかも総火力も瞬間火力も高いから、今までのEスナ持ちからすればかなり脅威になるのは間違いない。

遠距離の撃ち合いで勝てない以上、タンク等は装甲とEスナの高レベルな瞬間火力を生かして、遠距離戦を避けて攻めてAP差を広げつつ、安全圏からキャノンを狙うっていうのが俺が思う対策。
でも実際のところ、RTの立ち回り能力が高すぎて捉えることは至難。これ見てる中で、引いてるRTをキャノンで捉えて勝てる自信のある人がいるだろうか。練習すればある程度何とかなると思うけど、少なくとも現状では安定してできる人はいないでしょう。

久々にRTでシステマチックな機体を見たと思った。
使い方さえ知ってれば誰が乗っても強いけど、確かにモラリストタイプ(AC界で言う所だと、簡単に言えば論理派)の犀川さんには確かによく合っているアセンだと思う。試合見てなかった人間が言う事ちゃうし本人は論理派って言われてガン否定しそうやけど。
地形プレイさえ上手ければ俺が使っても普通に強いんじゃないかと思うわw
システム的に見て、今一番キレイなアセンだと思う。まさに理論値って感じの。


・エビフライ
小ロケ小ロケ111の最速一歩手前RT。
自分が最近作ったアセンを大会で使う前に書くのもどうかと思ったけど、これまじで強いよw
中距離でロケがばら撒けるようになったのが一番でかい。
バタフライだと中距離では何もやることがなくて一方的だった。この距離でロケが当たる確立が低い以上は、Eスナに対して応戦することが出来なかった。
この距離だとEスナもリスクが高くて撃つ事は難しいけど、ぶっ殺し近距離型のRTとしてはやることない位置にいること自体が不利になる。それがバタフライの弱点で、実際にも俺が最高に乗れてるときしかまともには勝ってなかった。

エビフライはロケが一つ増えたことで、中距離でやることが出来た。
今まではロケもある程度当てないと勝てないので中距離で使えなかったロケットが、丸々40発増えたことで気にせず撒けるようになった。
相手からすれば、これまでは中距離でロケを撃たせても弾が足りないのは丸見えだったけど、今回は余分が40発以上もあるので、Eスナの確実な命中も狙えない以上、この距離のロケットは拒否せざるを得ない。
この中距離面の強化が相手の安定選択肢である「中距離の開けたところで待つ」という行動を奪うことになった。
さらに、ビットなどの行動も全然拒否れるようになって、いろんな武器に対して別の対処行動ができるようになった。
今までは無理にでも攻めなかった相手でも、無理攻めしなくてよくなったというのはでかい。

実はもう一つ凄い効果があって、総火力が増えたことで瞬間火力も増えたことになるということ。
今までギリギリで弾を足りるようにしていたのが、両肩の潤沢すぎる総火力のおかげで、弾の使い方に余裕が生まれた。
これまでハンドはきっちり7発、としていたのが、重2相手でも一気に20発撃ってなんとかなるという体たらく。
7発しか撃てない故にダメージレースに弱かった点が、総火力の補填で一度に撃てる弾の数が多くなり、そこが補強された。機動力でサイト外してなんとかするしかなかったところに余裕が生まれた。

上二つの強化から動きに余裕が生まれたことで、事故率も結果的に低くなる。
リスクの高い状況で無理矢理頑張って勝利をもぎ取るスタイルしかなかったけど、中距離と瞬間火力の強化によって、「ここで喰らっても別におっけーだわー」という状況が多くなったということ。
無理する必要がないというのはすごく大きい。

重量を余裕で殺せることはもちろんだし、持ち前の速度と中距離火力とハンドガンで、プリキュア相手にも5分張れると半ば確信してる。




・残り
チェインEスナ10%アップのE強化タンク(俺的にはXA/2)
テルユキ
もう一機は悩み中


眠いので残りはそのうち追記予定として終了。
5強ほどじゃないけど、これからは案外Eスナ持ちのRTがいけるんじゃないかと思ってる。広さか地形が絶対条件になるけど。
狩猟の宴やEスナLロケでもいいと思うけど、今の傾向踏まえるならもう少しいいのが組める気がする。
手始めに何か考えようとして小ロケ2つのEスナRTとか思いついた俺はエビフライ脳。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。