--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/12

軽2位置関係考察。

個人的位置関係まとめ

用語
中近距離
中or近ではなく、中距離と近距離の間、くらいのイメージ

接近型軽2の位置関係
・両者射程外
不利。一足で距離が詰められず、接近までに攻撃(特にEスナ)を喰らう可能性が高い。
間に地形があればそれを利用して距離を詰める。なければできるだけ早く効率的に距離を詰め、相手の射撃回数を減らす。
ロングOBでコンデンサを減らすよりは、一発喰らってもショートでいった方がリスクリターンが合うこともある。ハングレ以外。
ただし、この位置に居る事自体は不利ではない。
・中距離、相手射程内
不利。一足で相手死角に飛び込める位置でもある。喰らうが崩せる位置。
この距離にいることは、軽2としては自発的行動ではないことが多い。というより、相手が崩れていることが多い。
留まると不利が広がる距離なので動く。
・中近距離地上
若干不利。サイトが外しやすいわけでもなく、ここに留まっているとダメージ負けするが、次の位置にはスムーズに移動できる。
・中近距離上空
若干有利。上空なので距離もあり、死角には入りやすい。弾は飛んでくるが、リスクより崩しやすさが上回ると見た。フェイントをかけて有利な読み合いに持ち込む位置。
・近距離地上
若干有利。グレ系、ロケ系などは事故する可能性はあるが、サイトを外しやすかったり、相手の死角が良く見えたり、有利な読み合いが出来る。
・近距離上空
有利。死角に入ってるか、少し横に動いてやるだけでも死角に滑り込める。ほとんど(全て?)の相手行動に対して対処できる有利な読み合い。
・死角
言うまでもなし。
・地形が絡むと
ほとんどが有利位置に変化。機動力があるので、崩せるし、守れる。
ビットなどパーツ単位で変化することはあるが、それでも有利がキープできる。
・同高度
上下が生かせてないので不利。相手が登ってきた場合はわざと降りてやったり、降りるフリして滞空したりして上を取る工夫を。


基本は現状よりさらに有利な位置に動くこと。
できれば不利のつく中距離には居たくないので、すっとばせるならすっとばす。
ただし、わざと中距離を使って回避→すぐ突撃の流れに持ち込めばリターンは大きい。OBスライド等を使えば引っかかりやすいので、読み合いのネタとして使う。


軽2基本行動集
・横移動より縦移動中心
上空を前方向に直線的に移動。回避が難しく一発喰らうが、死角に入れるのでトータルで有利。
ENがないときでも前に出て死角に入れば誤魔化しながら攻めを継続できる。
・横移動を使うとき
ミサイルに角度をつけたいときなどがよくあるが、条件が揃わないとその後の反撃の方が痛い。
相手の側面が見えかけてるときなどは有効。
相手がハングレなどの場合は横の方がリスクリターンがかみ合う。
・相手が浮く時の上昇ベクトルをブレホで拾う
タイミング読んで振れば上に飛べるので、効率よく死角をキープできる。
・OBには2回ブレホ
ブレードがあれば発動の瞬間ブレホをあわせる。2回まではほぼ確実に拾える。3回目は状況限定。
1回しか拾わなかったり、3回目を拾うのを失敗したりすると、ENが回復しない、距離が離れる、タイミングが遅い等、何か不都合が発生するので2回が安定する。
・地上斬りは真後ろから
側面からだと、硬直中にこちらを向かれて攻撃を喰らう。
・横OB→前スライド
近距離での着地OBや接近時など、横方向のOBでサイトが外れてそうなら、前スライドを使えば距離を高速で詰められる。角度もつくので死角に入りやすいことが多い。
・相手の離脱に追撃OBするとき
移動先が読めているなら迷わずショート。こちらを向きながらの離脱は基本的に不可能なので、喰らうリスクは非常に少ない。
・中近距離で相手が斜め向いてるとき
直線で行くとギリギリ喰らってしまいそうなシチュエーション。OB追撃の流れなら、真っ直ぐ行ってから横に滑り込むより、横に回りこんでから縦に動けば少ないリスクで接近できる。
・近距離高空のフェイント
ちょっと横に動いてからすぐ切り替えしてやればほとんどの人間は引っかかる。引っかからない場合は切り返しを繰り返せば引っかかる。
意外とロックが困難な位置なので多少フェイントを繰り返してもそれほどリスクは高くない。
前方向への移動で取れそうにないときに多用する。相手を崩しているのでリターンも大きい。
・旋回戦
旋回で勝っていなくても旋回戦には勝てる。前に出てから相手の向きをイメージして後ろに移動する。移動力で勝っている限りは有利な読み合い。
・様子見
死角を取ったからといって無理に攻撃する必要はない。
特にデコイ出されたときやしつこくブレードを使ってくるときは有効。
・上空様子見
相手が上向いてないようなら、プレッシャーかけつつ滞空するのも手。
OB離脱するようならハンドの必要弾数が減って楽だし、離脱しないなら魚雷、ブレード、Lロケ等で極大リターンが狙える。
・至近距離死角の立ち回り
相手が水平視点で旋回してたら、上を飛び越えて逆側に行ってやる。
TBは側面取ったときしか使ってこないので読める。しかも上向きながら使う人間はほとんどいない。読んだら同じように飛んで逆方向に行くか、地上ブーストで切り返すか。
捕捉されたらとりあえず上へ行け。


まだなんかありそうな気がするので追記するかも。

若干補足したかも。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。