--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/11/07

戻りが遅い。

クラン戦は主にAKでごり押してなんとか。KDは1以下だけど。
失敗が多いのがネックだけど、いつもより細かい指示を意識したおかげで攻めの成功率が良かった気がする。
ただ守りの配置は少々課題がありそう。

俺が参加してないうちに結構Aの守りの配置でモメてたと思うんだが、ぶっちゃけて言えば、別にこれっていうパターンを決めなくても要所だけ押さえればいいと思うんだよな。
押さえるべきポイントとしては

・入り口を十字砲火的に攻撃できる配置にする(いわゆるクロスファイヤーというやつ)。
・A部屋の人数確認をたまにやる。
・Bのフォローがしやすい位置に2人ほど配置する。

ここだけ押さえておけばわりと場所はどうでもいい。
かつ、トーテムを警戒するなら、トーテムされてもすぐ死なない位置に陣取るか、トーテムを察知しやすい位置に陣取るかすればおk。

具体的には、Aショート出てすぐ右、Bロング方向の緑コンテナは察知しやすい。ジャンプの音聞けるし。
すぐ死なない配置としては、両連通の中にいればトーテムが降りてきても対処のしようがある。

今日クラン戦で初めてAロング守ってみた感じだと(いつもは階段)、A部屋に見えるかどうかも重要だけど、Aロングに忍び寄ってきてる敵に警戒する必要があるわ。
コンテナ裏等からだとAロングの青から見て左側の壁が見えないので、知らないうちに相手が4人くらい溜まってる可能性がある。そうするといくら入り口挟んでも人数差で死ぬ。
溜めないように確認と牽制をこまめに入れないときついし、AにTRG置くならそれをさせない位置から狙わないとダメっぽい(=コンテナ裏のみの立ち回りはアウト)。
相手のTRGの位置確認と連動していろんな箇所の目視と牽制をしていくのが攻めにくくするポイントちゃうかなと素人ながら考えてみた。

今後やってみたいのは、B攻めとAショートの連動かなー。
Bに移動しやすいのはAショート付近のやつだから、その分抜きやすくなるんじゃないかなと。
A守ったおかげで格上の戦術が見れたので、いいとこは吸収して指揮執りたいですね。


で、クラン戦後に野試合数回。
M4で頭ガン見するようにしたら多少HS率が戻ってきた。
曲がり角やら段差、それ以外でも頭の位置を頻繁に確認しながら立ち回っていくのを習慣づけたい。
やっぱ初弾に命賭けていかないとね。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。