--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006/12/14

ミサイル連携メモ。

個人的ミサイラー攻略

ミサイル性質
・マルチ
避けやすいが回避を強要できる軌道と威力。
連携の基点となる。盾として使う。
魚雷と比べ即効性がある。
・魚雷
避けにくいが即効性はないので盾にはならない。
相手の行動制限かダメージソースにする。
・デュアル
両方避けるのは難しく、非分裂系なので即効性は最も高い。
ダメージは低いので連携ソースとしてはいまいち。

豆知識
相手が攻め返してきたときに魚雷をしつこく構えてるとダメ負けする可能性が高い
OBの進路を変更させる迎撃はマルチかデュアル
OBに対してリターンを取りたいなら飛んで魚雷

俺がこっちしか使ってないので魚雷マルチ型の連携

接近用連携
・魚雷>(OB)>マルチ>111
基本連係。魚雷で地形に張り付かせたり、魚雷を潰す動きをさせて張り付けたり。
その後マルチを盾に接近してハンドで熱を取る連携。
安全性は高いが期待できるダメージが少ない様子見連携。位置取り最優先のときにも。
・マルチ>(OB)>魚雷>111
即効性のある連携。上よりダメージが期待できる。
・マルチ>(OB)>マルチ>111
さらに即効性が高く、危険状況を脱したいときに便利(Eスナ機体に間合いが離れて近くに地形がなかったときなど)。
ピンチから無理矢理接近していく形。
・(空中)魚雷>(OB)>魚雷>111
いい状況で1発目が撃てた場合、相手はその回避に集中するので2発目の魚雷が当たる確立が増える、リターン重視の連携。1発目とは別の角度から撃てるとなお良い。

これで4パターン

接近後の派生、111を撃たずに滞空
・魚雷
相手が離脱しないときの選択肢。増したにいる相手にリターンを取りにいく。
基本は一つ落としてハンドだが、複数投下もあり。
高い位置なら素避けに強く行動制限力が高いが、OB離脱に弱い。低いとその逆。
対の選択肢として、わざと高い位置から撃ってマルチ連携も視野に入れる。
・マルチorデュアル
相手が離脱したときの選択肢。特に追撃マルチは入りやすい。
もしくは、斜め上空死角を取った場合にはダメージソースになる。
マルチ後はOB追撃して通常のマルチ連携と同様に攻めていく。

4パターンx2で合計8パターン
魚雷とデュアルの使い分けを意識しすぎず、同種ミサイル連発などの連携も混ぜなければ単調になってダメージが取れない。
ハンドガンもしっかり熱を取らないとソースにならない。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。