--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007/12/27

早く帰れたー。

定時帰宅は久しぶり。
冬期講習で仕事量が増えたはずなのに、それを意識して逆に作業効率よくなってる件。
今日は最後が楽だったのもプラスした。よかった。

今日はちょっと長めに、SAについて思いついたことをメモ。


理屈の上での話

仮定:全ての弾が胴体に着弾するとすると

待っている側は相手が出てくる場所を見張っていればよく、相手は出るまでこちらを捕捉出来ない
=先に撃てるから守り側が撃ち合いに勝てる

一人が撃ちあって削りあって負ける→後続が削り勝つ→相手の後続に削り負ける→…を繰り返すと相手の方が体力を温存でき、先に撃てない攻め側が先に全滅する
=数が同数では不利



赤が有利になる要素
・相手より多い人数を用意する
胴体撃ちでは、同人数では負けてしまう
→負けるだけの人数差を補うために戦力を集中させ、相手より多い人数で攻める
=統制の取って戦力を集中させる

・相手の人数を分散させる
違う方向へ少人数での陽動を仕掛けたり投げ物を利用したりして、多くの相手を別の位置へ誘導する
→相手の人数が減り、人数差を減らすことが出来る
=こちら一人の陽動に対して相手が二人動いたところに攻める、スモークを投げて注視している相手とは別のところに攻める等

・相手の人数を削る
一方的な削りでそもそも相手の人数を減らす
→純粋にこちらが人数有利になる
=壁後しボムやTRG、遠距離まぐれHSなどの反撃自体を受けないorダメージを受ける前に一発で殺せる攻撃

・早い段階のHSで突破
相手の胴体撃ちでこちらが死ぬよりも早くHSが出れば、体力と弾を温存できる
→人数(体力)劣位を逆転でき、次の戦闘への余力も残せるため、展開もスピーディになり攻めの成功率が上がる
=初弾でHSできるARerのAIM力



つまり攻めを成功させやすくするには…
・人数優位を作り出す戦略
・(相手TRGを含め)敵を倒せるスナイパーの存在
・壁越しボムの精度と投げるべき位置の報告
・初弾でHSを出せるAIM力とそれに付随する体力・弾の温存、突破スピード
etc


青が有利を保つ方法
・相手の攻撃に勝てる人数を割り当てる
同数でも負ける場合は相手3人に対して4人割り当て、陽動に対しては時間を稼ぐことに留めることもある
→相手の主力を普通より少ないダメージで殲滅でき、人数優位が安定する
=相手の狙いの察知、カバーリングの連携

・相手のHSが出る前にHSする
先に撃てる分、初弾でHSすれば相手に初弾を撃たせないことが出来る
→純粋に人数優位が大きくなる
=初弾HSのAIM力、しっかりとした置きAIM

・相手の人数を削る


・相手に人数を削られない
無駄に顔を出したりしない、TRGをシュッシュッと避ける(or撃たせない)、壁越しボムやトーテムを察知する
→人数(体力)優位をキープする
=TRGをTRGで抑止or撃破、壁越しボムやトーテムの気配の警戒と報告

青が有利を保つためには…
・陽動に引っかからず適性人数を割り振る
・揺さぶられない、混乱しない
・スナイパーの状況報告と強さ
・無駄な顔出しをしない
・置きAIMを徹底して撃ち合いに勝つ







息抜きがインターネットってのもどうなんだ。
もう眠い寝よう。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。