--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008/06/28

書きなぐりメモ。

チラ裏

こういうメモ帳でやればいいことをブログに書くから一月の投稿数が膨れ上がるんだな。
ACもSAもRSS登録してるけど俺ほど無駄に更新頻度の高い人もいないNE



・撃ち合い
調子のいい時は一人目をすぐ倒せる。
一人ずつ素早く確実に倒せば相手が3人ぐらいいても勝てる。
調子の悪い時は一人目に時間がかかって、増援が来て一人対n人になって負ける。
一人目が大事。

撃ってる途中に弾がバラけたりAIMが合わないと思ったら一回撃つのを止めてみる。
そういうことを考えてる余裕がある時点で多分相手の弾もそんなに当たってない。

一人目にしっかり当てるためにも戦闘するときはそれだけに集中したい。
→集中できる環境を作る
味方にカバーリングさせるとか?

意識の切り替え
敵がいそうなところを見るときは撃ち合いに集中する
敵が居なかったら周りに気を配りながら進む
出るときはまた頭を切り替える

その場所を見るときに、戦闘が大事なのか報告が大事なのか考えてどちらかを優先しよう
させよう

・ラッシュ
最近の成功事例
誰もショートとロング覗いてないからショート出口に溜まって、見る方向決めて一気にラッシュ
全員が仕事すればバレてなけりゃあっさり取れる

失敗事例
ロングのラッシュで立ち止まってドラム缶と撃ち合ってジリ貧で死ぬ
相手にHE遣わせてる状況で3ドラにHE投げようとしてるのに突っ込んで無駄死にする(逆にHE投げる奴は周りを止めるべき)

ラッシュは一人ずつ順番に行くんじゃなくて出口を一気に出て展開するのが理想。
バレてないならできるだけ相手に近い位置で溜まるのが理想。

見ていない方向からの攻撃は無視して、各人が目の前の敵を排除してクリアしてくのが大事
背中を味方に任せる代わりに味方の背中を確実に守る、そういう意識が必要
目の前の敵を倒せずに全滅したら自分が悪い
背中から撃たれて死んだら味方が悪い
ラッシュで弾の飛んできた方向を毎回見るようじゃダメ
それも連携

相手に様子見をさせないためにSRが大事。
定期的に様子見しに来る=様子見しない時間帯も定期的にあるからそこにラッシュ

SRとかどうせ一人ずつしか殺せないんだから、SRが覗いてない時にラッシュすれば成功する
3vs1でどっちが勝つとか明白だし覗いてない瞬間に一気に行くべき
現状その辺りの空気読めてる奴がうちにはほとんどいない、あるいはその辺を誤魔化す度胸がない
今ならいけるっていう空気を全員が感じれれば何も言わなくても同時にラッシュできるはずだけど実際難しいよね


・指揮
全員がFPS素人から始めた発展途上なので言わなくても分かってるやつばかりじゃない
新しいアイデアとか言わないと伝わるわけがない
つまりどんな細かいことでも確認しながらやって、全員にとってそれが当然になるまで繰り返さないといけない
何か一つ思いついたら、CWの合間に1~2ラウンドでいいから確認した方がいいんじゃないか

かといって毎度毎度細かいところを伝える余裕があるとは限らないからさっさと覚えて欲しい
俺は俺でもっと余裕を作るべき

勝手なことしてるのを見たらカバーしない
カバーした俺が死ぬのはもうイヤ
誰かが単独A突っ込んでなし崩し的にそれについていくとか、その手のラッシュが成功した覚えはほとんどない
囮に使った方が早い

早めに詰めないとA確B確されて終わる
早めに攻める
無理なら無理で引いて考えればいい
攻める場所を確定させない
逆にA確と見せかけてBとかオシャレ

イライラすると頭が回らないからイライラしないように工夫する
イライラする要素を排除する
イライラしたらプレイをやめる

味方を知る
悪いところを直接言って直させる
なんか文句垂れてきたらキレる
それでも文句垂れたら氏ねと言う


・自分の悪いところ
すぐイライラするところ
それを溜め込むところ
自己主張が強いと見せかけて実は肝心なところで遠慮がちなところ
→勝ちたい以上はイライラするのはしょうがないから、それを溜め込まないように早め早めに言って解決するようにした方がチームのため
→ムキになって勝負しないで少しずつ削っていこう

SR握ってる時にBへのカバーリングが遅い
→もっと動き回る
→Aの守り方、報告がしっかりしてればBへいける
ARしてるときに様子見で死ぬ
→様子見はAR使う以上はリスクの少ない方法でやろう
AIMが悪い
→練習しよう
SR勝負で死ぬ
→避けよう

・その他
スーパープレイのKD60よりも堅実で安定したプレイのKD60のが使える
そういうプレイヤーになりたい

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。