2012/10/21

SL初心者から見たSL攻略一歩手前位のもの。

基本的な概論はここに載ってるライトさんの攻略のアーカイブ見りゃ済むんですが、最近SLをやってて「これ意外に今ならSL初心者入りやすいんじゃね?」と思ったのでそういう視点で書いてみたいと思います。

ちなみにこの初心者っていうのはあくまでSL初心者の話で合ってAC初心者ではないのが残念ですが…。
最低限OBスライドとサイティングの精度くらいはAA中級者レベルまで上げておいていただかないと厳しいゲームなのは間違いない。

ただ正当な攻略じゃなくて、早い話が小細工を教えます。
言い方悪いけど、小細工を覚えて他の初心者を狩りつつ正当なSLを覚えていくと、いい思いができるんじゃないかと思います。



以下攻略スタート

続きを読む

2012/10/15

影さんのいるアーマードコアとこれからのアーマードコア。

○影さん送別会
お疲れ様でした。
主催でもないので手前味噌どころか何様って感じだけど、いい送別会に出来たと思います。

一時代を築いた人なので、やっぱ来人さんと最後対戦してたところはすごい感慨深いものがあったね。
中2ミサイラ vs 中2剣豪の動画とかモニターに穴が空くくらい観てたからなぁ。

その一時代を築いた人も、まさか久々に帰ってきたらこんなにいじられるとは思ってなかったかもしれないけど…。

これでお別れというわけではないけど会うことはどうしても少なくなってしまうと思うんで寂しい。

・影さん後のアーマードコア
まずはリーグ戦を定期的にやって行きたい。できればプレイヤーそのものを増やしたいけどなかなか難しいなぁ。
たまにしか来ない人多いし。
人が集まらないから対戦会が減る、対戦会が減るから人が集まらなくなる、っていう衰退の悪循環というか。
なんかハイネさんが面白いことやって動画を上げればその分敷居が低くなったりしないかな。まぁ昔の作品過ぎて敷居とかいう問題ですら無くなってる気がするけど。

あとはSLの人口をもう少し増やせると俺が勝てて気持ちいいかもしれない。
真面目にSL講座とかやったらええんちゃうかと思ってる、俺初心者やけど。


そんな感じでまだもうちょっと盛り上がらないかなーとか。
2012/10/09

12/10/07昭島大会。

本日有給

○AC3SL
3位/9人だった。
出したのは対ACスナとFLEET装備のHUESO。

一戦目はLOAさんのわけわからん腕ビット機体だったので適当に前ダッシュして勝ち。

二戦目はライトさんのスタンダードな中2、でエアリアルルインは勝ち、しかし残り二本は狭いマップを引かれステルスを押し付けられて負け。

敗者戦一戦目は軽逆の芦田さんとやって適当にOB戦して勝ち。

3決は$さんのwakerに狭いマップを引いてお互いの機体の強みを出さないまま通常B主体で射撃戦して勝ち。

総じてオープンスペースのある場所での普通のSLでは優位に立ててた(というかワンチャン優勝あった)もののステルスが機能するマップでは露骨に押し付けられてどうしようもなかった。
フリー戦でも関東最強らしいインテさんに若干負け越しくらいで収まってたと思うのでまぁわりと満足。

○AC2AA(3on3)
5チーム参加(人数14人)で優勝!負けが許されない試合だったけど勝てて本当に良かった。
使用機体はインプレだったけど春風さんのラジコンには完璧にやられました。
俺も前ついったーで言ってた擬似25Eスナラジコンで出てても良かったかもしれん。
俺の戦績は当日斡旋のてるてる黒鮭チームを3タテ。他のチームはashチーム以外は仲良く一人ずつ3タテ。
決勝だけ先鋒で出て先鋒倒しーの中堅に負け。あとはチームメイトが仲良く一人ずつ食って優勝。
いやあいい酒が飲めました。

優勝チーム用に$さんがメダルを用意してたんだけど、「前田さんは前に公認大会優勝したのに認定証もらってないから」って言って僕にくれました。

pic.twitter.com/iyYF155a

ありがとう!


○UNI
府中の過疎ゲーセンでたっぷり触ってきた。
ユズリハ使うつもりだったけどしっくりこないから強いらしいオリエを使ってます。
あんまゲーセン行かないから練習しても意味ないんだけど。
結構しっくりきてるし強そうなので機会があればちょこちょこ練習しよう。
コンボでいうなら基本のコンボ重くするのもそうだけどこのキャラ牽制5Bや対空3Bの始動でどこまで重く出来るかが一番重要な気がした。
あとは攻めのプレッシャーがまだまだ微妙なのでなんとかしていきたい。
2012/04/04

ACVについて思うこと(ぼくのかんがえたAC論)。

○軽量と重量のバランスについて
前提として
重量が軽い=速度があって装甲がない
重量が重い=速度がなくて装甲がある
これが逆のゲームは、撃ち合うだけで軽量が勝つというよくわからないゲームになるけど、前押しながら正面に捉えて射撃するだけのゲームになるわけで、大して面白く無いと思う。
ACにおいて武器は積載があるかぎりは同じものが使えるので、今回は議論をより単純化させるためにこれも考慮しない方向で。

で、武器一緒で装甲負けてるんだから当然軽量は撃ち合ったら負ける。
ということは、軽量側が勝つには撃ち合いじゃなくて、撃たれずに撃つ必要がある。

外からチマチマ削るだけのゲームでもそれは実現できるけど、まぁ試合が動かないからつまんないし、このゲームパルマシあたりからはマジで逃げられんからあんまり意味がない。

面白くしようと思ったらやっぱ攻めがそこそこ強くて、守り側もそれに対して対応を迫られるようなゲームの方がやっぱりいい。
そしたら攻め側はいろいろやって崩したっていう達成感あるし、守り側もそれに対して必死に達成して勝ったっていう達成感があるし。

攻め強くしようと思ったら、撃たれずに撃つってことで死角を取るしかないので、こういうゲームにしようと思ったら武器のバランスをいくらいじっても無駄。
弄るべきところは攻めやすくするシステムの部分なんだよね。

で、今のシステムを見ると、ダイソンより吸い込むオートサイトとほぼ当たるパルマシ、上空頭よりちょい後ろまで撃てるイナバウアーシステムのおかげで攻め側が一方的に攻撃するシーンを作る手段がほとんどない…。
強いて言うならチーム戦で横から、だけどあれはノーカンでしょう、確率も低すぎるし。

多分軽2のHBを100kmくらい早くしてもパルマシのオートサイトは付いていくと思われるので、もうオートなくすのが一番いいと思う…。
でなければCBTほどではないにせよ上向ける角度をもっと浅くする。こうすればどこを目指せばサイトを外せるかが分かりやすいので、目指すところが明確だし、一方的に撃てるし、その後の駆け引きがまだ発生するようになる方かと思う。


アナザーエイジはそういうのちゃんとできてたし良ゲーだわやっぱ。
今のアーマードコアはそもそも重い=固いとも限らないので攻め側も守り側も微妙な気分にさせられる。
確かに相性をきつくして上級者でも勝ちにくいシステムにすれば初心者に食いつきはいいけど、3ヶ月後そういうプレイヤーがまだACVをやっているかどうか、ということをまるで考えていない方向性だよね。
雑誌のインタビューとかが出始めた時点で知ってました。
2012/03/17

例のファイルの検証

話題のトクナガさんバグ利用疑惑について検証してみた。

先に立場を表明しておくと、俺はトクナガさんには2~3回会ってて一緒にフリー戦したことはある。
rionさんって人は知らない。

なのでどうしてもトクナガさん寄りの検証になることは否めないかもしれないし、実際にはトクナガさんの無罪証明をしたいと思っているが、特別トクナガさんと仲がいいわけでもなく、別にトクナガさんがいようがいまいがどっちでもいいという程度の関係ではある。ちょっと冷めた言い方になるけど。
つまり、白であって欲しいけど、その上で黒だったらもう仕方がないという立場。
なので、できるだけ公平かつ科学的?な視点から検証はしているつもりです。


問題の作戦ファイル
http://www.youtube.com/watch?v=RVx_GhVYKZ0

時間表記は作戦時間ベースです。

M2=トクナガさん(Wパルマシ格納ハンド)
06=rionさん(KE,TE特化中2)
01=重2(防御タイプ不明)

ここまでは両者からのヒアリングで確定。

重2のAPは仮に42000程度とします。

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。